« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019.01.30

巴里見聞録(その34)

Img_1279

ジャックマール・アンドレ美術館。入館の行列に並びましたが、いっこうに進みません。これでは、風邪をひいてしまいそうです。昼ご飯も食べてなくて、おなかがへっていたので、鑑賞のほうはあきらめ、Salon de Théだけでもりようできないか?と、思い始め、列を出て、係のおじさんに尋ねてみました。
”Salon de Théだけの利用であれば、チケットはいりません。右側を通って、奥に進んでくださいい。”と言われたので、列を離れ、門をくぐり、中に入り、右脇を歩き進みました。

あれ?Salon de Théにはいる人の行列もできていました。
いやはや。

砂利が敷かれた道路を進んでいくと、奥にお屋敷が見えてきました。その向かいに、美術館付属のSalon de Thé入り口がありました。
Img_1283

ここも行列が長く、なかなか邸宅内に入れません。列に並ぼうとすると、係の人に、"Vous-avéz chiket?"と、聞かれました。
”えっ?チケットはいらないよ。と聞いたよ。 Caféの利用だけなの”
と、答え、ようやく列に並ぶことができました。この時点で午後二時。

ランチでの利用は午後二時半までです。中に入ってランチを取れるかどうか、怪しいところ。気をやきもきしていたら、
”Conbien?"と、係のお姉さんにきかれたので、
"Troi!"といったら、
"Come on!"と、ここら英語。せっかく、フランス語を勉強してきたのに!

三人席が空いたので先に通してくれたようです。私たちは、部屋の奥すみをいただきました。ここから、部屋全体の様子がよくみえました。確かに、中は混み混みでした。席についているフランスのMadam et Moussuéは語る語る。レストランの中がワイワイ賑やかでした。隣は、お一人様のおじさん。その隣は、おそらくアメリカから来た老夫婦。後ろは、これもアメリカからの団体さん。と、三方を外人に囲まれました。さらに、お一人様のおじさんと、老夫婦は、なにやら会話を開始。おひとりさまのおじさんの怪しい英語に老夫婦がつきあっている図でしたが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.29

巴里見聞録(その33)

Img_1278

次に、凱旋門から、ジャックマール・アンドレ美術館にむかいました。ジャックマール・アンドレ美術館/Musée Jacquemart-Andréはいわゆる邸宅美術館。昨年、ボストンで観に行ったイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に似ている美術館のようなので、行ってみたくなり、足をのばしてみました。


が、、、、、


雨が本格的に降り始めました。Google Mapでバスルートを調べると52番線、Opéra-Parc de St-Cloud線が最適ルートのようです。Charles de Gaulle-Étoile--Balzac--Friedland-Haussmann--Haussmann-Courcellesと乗り継ぎました。オスマン通りBoulevard Haussmannをまっすぐ降りて7分で到着するとか。強風の雨の中、傘を差しバスを待ちました。私たちの他にもバス待ちの人がいました。

バス停を3個数えて、下車。おっと、すぐそこに、フランス版セブンイレブン"Monop'"があるじゃありませんか!娘さんはHariboを捜していたおうですが、私はちょっと歩いてノドがかわいていたので、ここでl'eau minéral avec gazのSANPELLEGRINOを購入。シュワシュワが気持ちいいです。

ジャックマール・アンドレ美術館は、バス停の反対側にありました。
えっ!すごい長い行列です。なぜ?Pourquoi?

20190923701

9月21日からCARAVAGE/カラバッジョの企画展が、ここジャックマール・アンドレ美術館であるからでした。今日23日は、その最初の日曜日。そういえば、地下鉄の構内や街中でカラバッジョの企画展のポスターをよく見かけていました。そのときは、”へー、カラバッジオ展やるんだ。”くらいの認識。まさか、ここ、ジャックマール・アンドレ美術館で展示されるとは思いませんでした。もっと、街中の情報に敏感にならなければいけないところでした。

雨が降り、風が吹く寒い中、三人で行列に並びました。
いっこうに前に進みません。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.28

巴里見聞録(その32)

Img_1271
地下鉄の駅改札を出ると凱旋門の外周、シャンゼリゼ大通りとは反対側にでました。あれ?ここにでた?どうも、パリの地下鉄は苦手です。半周歩き、凱旋門の下にでる入り口をみつけました。中はほの暗く温かい色で証明されていました。この感覚がフランス人の感覚がニクい!

階段を上ると、そこにセキュリティが!!しかも、入場パス持ちと、パスなしで列も違う。差別待遇!
ミュージアムパスポートをもっている我々は、すーっと入れたわけでもなく、結局、セキュリティはセキュリティ。リュックの中を目検で点検されました。

201809230621
1階入り口から屋上をめざしました。ずーっと続く螺旋解散を登り上がり、上がり、上がり、息が上がります。一気に登り切ることができません。ゼーゼーハーハー。一番体力のないかみさんは顔色がだんだん白くなっていきました。25年前に来た時も、ここを自分の脚で登ったはずなのですが、階段がこれほどつらかった印象はなく、時の流れ、自分の老いを痛感しました。

20180923064
屋上は、ガラスでできたセキュリティ小屋以外は25年前をと同じ。ただ、天気がいまいち。風がすごく髪が乱れました。寒いです。なかなか屋上にとどまって景色を楽しむ事が、むずかしかったです。

Img_1274
とはいえ、シャンゼリゼ大通りは何回見ても美しい街並みです。高層ビルもありません。ケバケバしい看板もありません。統一された色調の建物が整然とならび、その間を緑が埋めています。美しい街、きれいな街を意思として持っている街だからこそこの景観がうまれるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.27

巴里見聞録(その31)

Img_1267

ビル・アケム橋を渡り、Port Debilly/Pont d'iéneの交差点からAvenue de NewYorkを渡りました。おっと、左側から自動車が接近。ここはフランス、車は右側通行。ゆえに、車は左側から近づいてくるのです。
トロカデロ庭園に到着。トロカデロ庭園では、カルーセルが営業中。誰も乗っていなかったけど、可搬式なんでしょうね。コンサート・イベント用の足場が組み立てられ始められていたのか?クレーン車をみかけました。どうもどこでもクレーン車を見かけます。

Img_1269
シャイヨー宮のテラス、ここ、25年ぶりに来ました。当時は、ローラーブレードをはいたお兄さん達がたくさんいて、この広場で遊んでいました。
みなさん重い思いに写真を撮っていました。
お父さんお母さんが、お子ちゃま二人、お姉ちゃんと弟を写真に撮ろうとしていました。お父さんがカメラマン、お母さんが横でみていて、兄弟を撮影中。お姉ちゃんと弟、仲がよさそう。お姉ちゃんが弟の方に近づきパチリ。その横では、ラテン系のお母さんとお子ちゃま2人の三人組。自撮り棒で撮影。お母さん、顔をつくりますなあ。エッフェル塔、あるよあるよ。お兄さん。ここにもいましたね。

Img_1270
海洋博物館・人類博物館を横に見て、RATP-トロカデロ駅/Trocadéroにおり、六号線に乗車。Ch de Gaulie Ètoile/凱旋門に向かしました。ここまでは、道順を間違えず、順調にすすんだのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.26

巴里見聞録(その30)

20180923052
ビル・アケム橋を歩いている時、歩道に書かれた標識を不思議に思いました。

2018092305
自転車専用レーンの標識?自転車も乗り込んでいいの標識?わかりませんでした。どうも自転車専用レーンの標識だったようです。ビル・アケム橋の1階部分は自転車専用になったいたようです。知らないのは観光客ばかりなり。

近年、パリは、循環社会をめざし、市内全域において自転車専用道路の整備を実施してきました。La piste cyclable à Paris.その結果、エコモビリティでは有名な都市だっだようです。パリで自転車道の整備が本格的に始まったのは1995年。後に大統領についたジャック・シラク・パリ市長時代に助役を務めていた元パリ市長のジャン・チベリ(Jean Tiberi)氏が推進。

パリ市の面積は、ペリフェリークの外側にあるブローニュの森とヴァンセンヌの森を除けば約87平方キロメートル。東京山手線内側の63平方キロメートルをやや上回る広さ。市内で完結する移動の多くは三キロメートルにとどまるはず。ならば、自転車で置き換えようとチベリ氏は判断。

1995 年当初8.2キロメートルしかなかった自転車道を、二年間で100キロメートルにする計画を市長就任時に発表したそうです。でも、自転車利用拡大の契機になったのは、1995年冬、年金改革に反対する公務員が三週間にわたりじっししたストライキ。上がさわいでも、人民が受け入れない限り本物にならない国。

Carteimprimablepistescyclables
2018年現在、約350キロメートルまで規模が拡大されました。(PDF版)レンタサイクルも歴史が長いようで、Velibの前進として、ル・リーブル(Roue Libre)というRATPが運営するレンタサイクルが存在していたそうです。

20180923053
どおりで、ビル・アケムの道路を、電動キックボードにのったお姉さんが走り去っていけた訳です。

日本では、自転車が歩道を走っていたり、車道を走行していたり、自転車専用道という概念がない気がします。日本では、政治家の谷垣さんをはじめ、自転車の事故が絶えません。かたや、パリは、自転車専用道路が拡大されても、自転車事故は増えていないそうです。合理的な考え方をするフランス人の勝利かな?
こんどこそ、パリを自転車で走ってみたいです。

<参考>
■Paris à vélo
■carte des stations
■Piste Cyclable et Station Vélib de Paris
■le plan vélo de Tibéri (1996)
■パリの自転車レーンを走ってみた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.22

巴里見聞録(その29)

Img_4714

Pont de Bir-Hakeim/ビル・アケム橋。ここ、REPが上を走っていて、人がその下を歩く橋。昔は、パッシー橋 (Pont de Passy) と呼ばれたが、第二次世界大戦でフランスがロンメル将軍のドイツ北アフリカ軍団と戦い3000人以上の犠牲者を出したビル・アケムの戦いを記念するために改名されたそうです。

ここも、エッフェル塔の絶景スポット。人が大勢いました。かたや、商用写真を撮影されているかたもいらっしゃいました。すばらしくビビッドな緑、ルビー色を着て、頭にターバンのようなものを巻いたモデルさん二人が撮影中。モデルさんの腰の位置がものすごく高かったです。人間じゃないみたい。

Img_1265


街灯ひとつとってもエレガントですな。
Img_4715


橋の上で、エッフェル塔と反対側を見ると、セーヌ川の右岸、左岸で建物の様子がずいぶん違いました。左岸は、高層のコンクリートビルがニョキニョキ。右岸は少し山の手なのでこじんまりしたお屋敷が多いです。昔、アランドロンとカトリーヌ・ドヌーヴが出演している映画で、ここを舞台にした映画を見たことを思い出しました。

橋を渡りきると、皆さん、そのまままっすぐ、坂を登っていきます。ずいぶん急な坂。何があるのかわからなかったけど、Google Mapでみつと、地下鉄駅Passyがあったみたいです。我々は、トロカデロをめざし、セーヌ川沿いを歩きました。Port Debilly、ここから観たエッフェル塔も美しい。

エッフェル塔、どこからでも絵になります。富嶽百景ならぬ、エッフェル塔百景の撮影になってきました。
Img_1266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.19

巴里見聞録(その28)

Img_4702

さて、エッフェル塔の真下に到着。この日は朝から天気が下り坂だったのですが、まだ、エッフェル塔の足下から青空が見えました。これでも気持ちの良さそう。

Img_4706
でも、エッフェル塔に来たからにはエッフェル塔に登る。そんな、タイプではないのが我が家。おしゃれなお土産屋さんを発見、そちらにゴーです。フランス人は商魂たくましいですな。何にでもエッフェル塔を印刷すればいいのですかね。こういうところは日本も一緒だなあ。

アンオフィシャルなエッフェル塔売りのお兄さんも沢山いました。腕にエッフェル塔の束を巻き付けて、
”はい、いらんかえー”
と、言っています。だいたい、アフリカ系か中近東系の顔立ちをしているお兄さん達。国が乱れたので、フランスに移民してきたけれど、国で着いていたような仕事につけず、こんな稼業で生活しているのでしょうか?EU移民問題の現場状況を初めて体感しました。この物売りのお兄さん達、ちょくちょくフランス警察当局に摘発されているようです。やっぱり、Made in Chinaらしい。こういう非公式おみやげお兄さん、ゲリラ的に活動するだろうから、根絶は難しいんでしょうね。
【参考】
■パリ警察がエッフェル塔ミニチュア20トン押収、不法移民に売らせる
■Paris police take down knock-off Eiffel Tower network

もう一つのお土産屋さんを見て、エッフェル塔の足下から移動。エッフェル塔からPont D'Iénaを渡り、Palais de Chailllotを越え、Place du Trocadéroへ進む25年前のルートで歩きたかったのです。が、エッフェル塔はバリケードに完全に囲まれていて通過不可。不便になりました。

エッフェル塔の周りをほぼ半周し、Avenu Gustave Eiffelにでました。予定にはなかったのですが、同行していた娘のリクエストで、ここから、近い、Pont de Bil-Hakeimにむかうことにしました。娘さんが、TVドラマ&映画「のだめカンタービレ」のファンで、映画のなかで千秋様が走っていた橋、Pont de Bir-Hakeimにむかうことにしました。

結局、これが、災い転じて福。

その1,Stade Émile AnthoineよこのAvenue de Suffrenneと Rue de Buenos Ayresの交差点からエッフェル塔を見上げると、建物と道路とエッフェル塔のバランスがすばらしい格好のビューポイントを発見しました。ここ、道路になんかアイコンが埋め込まれていた気がします。
Img_1258

その2.Port de Suffrenというセーヌ川沿いの道を歩いていたら、エッフェル塔がきれいにみえるポイントをみつけました。
Img_0820

その3,エッフェル塔のそばにあると聞いていたMaison de la culture du Japon à Parisé・パリ日本文化会館を発見。たしかに、そばにジャポニスム2018のポスターがありました。ジャポニスム2018、日本と仏国が仲良くなり、フランスと日本との最初の条約、日仏修好通商条約が調印されたのが、明治時代の始まるちょうど10年前の1858年。日仏友好160周年を記念してのイベント。ここで若冲展を開催されていました。
Img_1259

とセーヌ川沿いを歩き続け、Pont de Bir-Hakeimの袂に到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.17

巴里見聞録(その27)

Img_46921


エッフェル塔にむかって、シャン・ド・マルス公園内を歩きました。ここは、舗装されていない砂道。
ますます、エッフェル塔が近づいてきます。周りでは観光客が写真撮影のまっさかり。アジア系ばかり目立ちました。ヨーロッパ系の人たち、アメリカも含め目立ちません。25年前に、ここを訪れた時は、ヨーロッパ系の人たちばかり。2列縦隊で歩くドイツ人、道幅一杯に広がりペチャクチャ大声を出して歩くアメリカ人、一人静かに歩くイギリス人。そんな風景でした。ずいぶん、変わりました。これも世界がConnect したグローバリゼーションの影響でしょうか。その恩恵を最も受けたのが中国ということなのでしょう。もちろん、自撮り棒でiPhone,Androidを操作する人なんか誰もいなかったです。

いっぽう、ジョギングしている人を沢山、見ました。遠くで、アナウンスの声が聞こえました。何かスポーツ大会を開催している様子。後ほど判ったのですが、この日はマラソン大会Paris-Versaillesが開催されていたそうです。今年で41回目。エッフェル塔からスタートしヴェルサイユ宮殿にゴールする16kmのコースをはしるそうです。今年は約2万人が参加した様子。

シャン・ド・マルス公園からまっすぐエッフェル塔の下にいけませんでした。グスターヴ・エッフェル通りにバリケードが張り巡らされていました。足下は、ビールの王冠が沢山ころがっています。昨日は、ここでもTechnoが開催されたのでしょうか?広場のハシを進み、エッフェル塔友の会てきなノボリをすぎると、セキュリティ待ちの行列が見えてきました。25年前は、こんなところにセキュリティがあったかしら?セキュリティといっても、にわか作りではなく鉄骨とガラスを組み合わせ、かなりRobustなゲート。テロ対策のようです。"Eiffel Tower perimeter fence built to stop terrorism"
カバンを下ろし、中身をみせて、入場です。

Connecitivity and Security、一つの事の表と裏です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.13

巴里見聞録(その26)

Img_15082

さあ、バスに乗りましょう。
と、そのまえに切符を買わないと。
初めてパリに来たときに、同行してもらった当時イギリス在住だった先輩に教えてもらったカルネを思い出しました。たしかに、カルネはバスにも使えるようです。カルネをゲットしましょう。

ということで、地下鉄のRude Dde Bac駅に入り、販売機にトライ。
でも、画面にタッチしても操作できませんでした。ふとみると、画面の下の鉄の丸い棒がコロコロ廻ります。しかも、左には赤いボタンが、右には青いボタンがついていました。これで操作できそうなことを発見。画面のにらみながら購入手続きへ。初めはフランス語の勉強のためにフランス語の画面を見ていたのですが、らちの明かない様子を見ていた、娘が途中から強制介入。強制的に画面を英語版に切り替え、サッサと現金で購入。

今時は、切符の買い方を写真付きで教えてくれるサイトもあるんですね。
■パリの地下鉄メトロ切符の買い方・乗り方
■パリ地下鉄 切符の買い方まとめ 写真で順に解説!

Img_1251

では、
路線番号:69番Champ de Mars。
乗車パス停:Rue du Bac René cher。
下車バス停:Chanp de Mars-La Bourdonais。
の旅。


Champdemars

目的とするバス停は、たばこやさん兼ホテルの前にぽつんとありました。
で、このバス停が賢い!次のバス、次の次のバスが何分後に到着するかバス停の上部に表示されていす。あと何分と相対的に表示するところがフランス流。
しかも、バス停にQRコードが記載されています。スマートフォンで読み込むと、そのバス停の路線図が表示され、このバス停はなんというバス停か、目的地まで、いくつバス停を通過しなければいけないか、などが難なくわかります。
すばらしい!

Img_1253

フランスのバスは右側通行。なので、立って待っているとバスが左手からやってきます。しかも、右側から乗り込みます。なんか、不思議な感覚。
バスにのり、カルネを改札機に通して乗車手続き完了。バスの中はきれいだし、シートのデザインはなかなかおしゃれでした。けっこう、乗っている人もいました。でも、パリのバスは暴走車両。街中をビュンビュン飛ばします。柱に捕まっていないと振り回されるくらいです。

でも、バスでの移動はなかなかいいです、窓越しにパリの街の様子がよくわかり、自分の体感感覚に刻まれます。そう、その昔であれば、馬にひかれた馬車に乗っている感覚。聞こえてくるのは、蹄のおとではなく、エンジンの音ではあるけれど。バス邸に近づくたびに、バス邸の名前を告げるアナウンスがあるのもありがたい。とても早口だけど。

バス停Esplanade des Invalidesで、急に視野が広がり、青銅の大砲が並んでいるのがみえました。アンバリッドでした。フランスが仲のよかったのは薩摩藩ではなく、徳川幕府。こういう大砲が長州、薩摩を狙っていたのでしょうね。お台場や、浜離宮とか。バスは、グルネル通りRue du Grenelleを直進し、ブルドネ通りAv.de la Bourdonnaisで右折、ジョセフ通りJoseph BouVardへ左折し、終点Champ de Marsに無事到着。

バスをおりて、周りをみおろしました。
おーーーーーー!です。

Img_1254

目の前に、とっても大きいエッフェル塔が見えました。良い眺めでした。トチノキ?かプラタナス?だいぶ葉が秋色に色づいていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.12

巴里見聞録(その25)

Img_1250

三日目の朝。

今日はバスにのって行動範囲を広げることにしました。どこに行こうか調べたところ、昨日、トイレをかりるために立ち寄ったRue de Bac、Le Saint Germainそばの停留所からバスにのれば、乗り継ぎなしでエッフェル塔そばまで行ける事がわかりました。

Le Saint Germainをめざし、昨日、ホテルに戻った道を思い出しつつ歩きました。ふと、ランドマークになりそうな像を見つけました。そのときは、写真を撮って終わりでした。帰国後、写真をみても場所を思い出せません。よくみると、像の後ろにお店の名前と通りの名前も見えました。これらを手がかりにGoogle mapで検索。

ここは、2 Rue de Sèvres, 75006 Paris, Franceという住所でした。

Rue du Sèvres,Rue du Cherche-Midi, rue du Four, rue de Grenelle, そしてrue du Vieux Colombierが交わる交差点。ミシェル ドゥブレ広場/赤十字交差点"Place Michel-Debré/Carrefour de la croix rouge"と呼ばれているそうです。

25年前に購入した日本語の緑ミシュランにこの交差点に関する記述がありました。
"古い言い伝えによれば、サン・ジェルマン・デュ・プレ教会が建つ前、ここに古代エジプトの女神イシスを祭った神殿があったという。この異教の思い出を消し去るために、16世紀にこの辻に真紅のキリスト受難像が建てられた。そこから赤十字という名前がついた。"
どうも、いわゆる赤十字社とは関係がないようです。※今でもミシュランのwebページに記述がありました。

広場の名前、「ミシェル・ドゥブレ」はシャルル・ド・ゴール大統領の下で、国防大臣や1959年から1962年まで第五共和政において最初の首相を務めた人物にちなんだもの。※参考
この広場は、パリの人にとっても気になる広場らしいです。

像の名前は、"Anciennes Granges aux Malades de Naples(ナポリ病(梅毒)患者のための古納屋)"。別名"Le Centaure de César(セザールのケンタウロス)"。Césarは有名な彫刻家。この像の試作版が、サザビーズのオークションにかけれらていました。フランスのみなさんもこの像が面白いと言っている様子。確かにケンタウロスと言われてみればそうだけど、もちょっと若いケンタウロスの方がかっこいいんじゃないかな?

像の後ろにあった、お店はアパレルショップのColiséeと、Comtesse du Barry。Terrineが美味しそうです。像の真後ろが、地下鉄からの通気口のようになっていたので、きになりました。ここ、昔は、地下鉄駅Croix Rouge駅の入り口だっだそうです。
※参考:LE SECRET DERRIÈRE LE NOM DE LA STATION CROIX ROUGE/赤十字駅の名前の背後にある秘密

さすが世界の都パリ、広場、像、通りの、一つ一つに深く長い、歴史が眠っています。


この日の朝食は、Le Saint Germainで朝食セット。
"Bon jour!"
"Troi petit déjeuner, s'il vous plaît."
"D'accord."
なんて、やりとりを昨日のギャルソンさんと交わした後、朝食セットをいただきました。
・パン(クロワッサン&バゲット)
・オレンジジュース
・カフェオレ
の三点セット。
パリのCàfeで朝食を。
かな。。。。。。。。。。
Img_4666


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.08

巴里見聞録(その24)

Img_1238

この日の夜は、ちゃんと外のレストランで食べることになり、近所のレストランを物色。結局、部屋に備えつけのおすすめレストランリストから、Chez Fernandを選択。
ここ、おお当たりでした。

Img_1239
予約なしで訪問したのに、通してくれた席は店の奥の静かなコーナー。店の中は、私たち以外は、英語、フランス語を話す年配の方々が数人しかおらず、とても、家庭的な雰囲気で、くつろげました。

Img_1245
目の前には今日のメニューのボード。
表がフランス語、裏が英語の記載でした。

注文したのは、
・前菜は、インゲンのサラダ
・メインは、ブフ・ブルギニヨンとツナのクリーム添え
・デサートは、クリーム・ブリュレ
・そして、なにわなくとも、赤ワイン


Img_1240
赤ワインで乾杯して、すぐ、前菜のインゲンサラダが到着です。旬なのでしょうか、美味しい。

Img_4647
さあ、メインのブフ・ブルギニヨンが到着です。二人分が一つの鍋に入ってきました。お肉、国の中に入れると、ホロホロと崩れていきます。ソースもフォン、赤ワイン、ブーケガルニなど、素材同士のバランスがよく。

うまし!

Img_1242
ツナのクリーム添えの方も、優しい味で絶品でした。

Img_4650edit
デザートのクリームブリュレ。ちょっとクリームがゆるかったかな?でも、おいしくいただきました。

Img_1247
満腹、満足。私たちがそろそろお暇する時間には、みなさん、宴もたけなわ。
フランス語でワイワイ賑やかでした。

Img_4652
ごちそうさまでした。おやすみなさい。

■Chez Fernand
13 RUE GUISARDE - 75006 PARIS


<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.07

巴里見聞録(その23)

Rueduvieuxcolombierjpg

Le Saint GermainからHotelに戻るまでは一苦労。
”We've lost”
パリの街中で迷子になりました。

モバイルルータを成田から持参していったので、Café Saint Germainの席からGoogle Mapにアクセスし、帰り道を調べました。徒歩で10分程度とのこと。が、このあたり、方向感覚が通用しません。
道路が交差点で直交しないので、交差点で次に選択すべき道を度々、誤りました。

Img_1202
帰国後に、撮影した写真を見直しました。”ロチューのカップルを写真に撮っている場合ではなかったです。Hotelのそばの教会、St Sulpiceが、きちんと、奥に見えていました!”

なんたる不覚。

冷静に振り返るに、Le Saint Germain>Rue du Bac>Rue de Grenelle>Rue Saint>Boulevard Saint Germain>Rue de Rennes>Rue du Vieux Colombier>St.Sulpice>Hotel La Perleと歩き廻ったようです。


Img_1200
St Sulpiseが私たちの守護神だとおもいはじめました。中世パリのセーヌ左岸、高い建物が他にはなかったでしょう、St. Sulpiseはその姿もユニークなので、遠くからもその姿を見間違えることもなかったはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.06

巴里見聞録(その22)

Img_1199
次なるターゲットは、Rue de Bacの地下鉄駅そばのMONOPRIX。狙っているお菓子HAIRIBOオランジーナ味は見つかりませんでした。

MONOPRIX
Rue du Bac, 75007 Paris, France

Img_1196
季節柄、きのこ/Champignonsを棚に山盛りして売っていました。フランスの方もきのこを好きなんですね。

おっと、あれ?
お腹の調子が、、、、

午後、ルーブル美術館の中を歩いている時からお腹が重いなあ、とは思い始めていました。そう、ルーブル美術館でも午後はトイレに入る回数が多かったです。この日の朝まで、お通じがよろしくなかったので、タケダの漢方便秘薬を三錠飲んだのです。効き過ぎました。

Urgence/緊急事態!!!

地下鉄Rue de bac駅にトイレはみつからず。その先、Raspail大通りのMONOPROXにもトイレは見つからず。これはお金を払ってカフェに入るしかないと覚悟。そばに見えた、Le Saint. Germainに入りました。


This photo of Le Saint Germain is courtesy of TripAdvisor

すぐ、ギャルソンサンが出てきて、
”お客さん何名ですか?
”と人数を聞きにきたギャルソンさんに、
"Ou sont la Toilet?"
と、緊急事態を訴えました。この言葉だけは100%通じます。
"Comme ça!"
と、2階を指さされました。教えてもらった、2階のトイレに直行!!!

ほっーーーーーーーーーー!!
助かりました。


きれいに清掃されていました。パリでトイレを捜すときには、公衆トイレやそれに準ずる大規模店をあてにするよりも、カフェを当てにした方が発見率は高いです!これ、絶対の鉄則。

お店の奥くまったボックス席に案内され、
”はい、食事のメニューです”
と、食事のオーダーを聞きにきただろうギャルソンさんに、申し訳ないですが、飲み物だけを注文した次第。後で、知ったのですが、ここは、カフェというよりブラッスリーとして有名なところ。結構、料理が美味しいそうな。隣の席に、ベビーカーを引いた若いお母さんとお子ちゃまと、そのお姉さんとお母さんが座られていました。そういうこと、だったんですね。
出直してきまーす。

Le Saint Germain
62 Rue du Bac, 75007 Paris, FRANCE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.05

巴里見聞録(その21)

Dsc_4266
ルーブル美術館を出て、Pont du Carrouselを渡り、セーヌ川沿いに歩き、Rue de Bacをめざしました。ふと、バス停が気になりました。

Img_1193
バス停をよく見てみました。どうも、パリって、けっこう、スマート・シティ化が進んでいますね。バス停に路線毎にあと何分と表示があります。バス路線毎に、バス到着まで、あと何分かの表示でした。
東京でも東急バスの到着時刻が表示されているバス停をみた事がありますが、パリは、ほぼすべてのバス停でこの工事が済んでいるようです。

Img_1194
また、旅行前に、NHKの番組「二度目のパリ」を観たときに、パリのバス停にはUSBインタフェースがついていて携帯を充電できると言っていました。確かに、着いていました。

Img_1195
さらに、バス停のそばには、Velibというシェリングサービスの自転車置き場。アプリをスマホにダウンロードし、サブスクライブすれば、この自転車を借りる返すもスマホでやるようでした。Velibはフランス語でいうところの自転車、Véloからとりましたね。すばらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.04

巴里見聞録(その20)

Img_07841

午後は、美術館入り口に戻り、そこで見つけたStarBucks Under the Pylamidに入りました。ここ穴場です。空いていました。ええ、いつものアイスラテにサンドウィッチにチョコレートマフィンを注文。
ほっと、一息をつく事ができました。

フランス人にスターバックスは人気がないのかしら?ふと、思いました。今日まで、パリの街中では、アメリカの街中のようにには街中のようには簡単に店舗を見つけられなかったので、そう思った次第。まだまだ、アメリカ文化を素直に受け入れない土壌が残っているんでしょうか?

食事をしながら作戦会議。午前中に観られなかった、ミロのビーナス、ハムラビ法典、フランドル絵画を巡ってみることに。これがなかなかの苦行でした。一つ一つが遠いのです。ルーブル美術館というとことは捜し物をする所ではないですね。どこに何があるのか?主体的に観ようとすると、本当にわかりずらいし、疲れます。


Salle 227 リシュリュー翼
ハンムラビ法典
Code de Hammurabi, roi de Babylone

ありました、ありました、25年ぶりのご対面。”目には目を”と楔型文字(正確にはアッカド語楔形文字)で書いてある碑文。どうして、この石碑を現代人が読めたのか?ロゼッタストーンが鍵と、これまで信じていましたが、間違いでした。

アッカド語楔形文字の解読には、1621年に発見され1835年に再発見されたベヒストゥン碑文がロゼッタストーンの役割。ベヒストゥン碑文には、ペルシア帝国の三つの公用語、古代ペルシア楔形文字、アッカド語楔形文字、エラム楔形文字で同一テキストが書かれていたそうです。1901年、ハンムラビ法典が発見された時点で、解読可能だった古代ペルシア語楔型文字を使ってアッカド語楔形文字を解読。解読は、四人の人間、イギリス陸軍士官のローリンソン、アイルランド人のアッシリア学者ヒンクス、ドイツ生まれの学者オッペルト、イギリス人東洋学者タルボットの協調作業だった。四人は、1857年にロンドンで会合し、解読の正確さを試す有名な実験を行っていました。
コンコルド広場のオベリスクとロゼッタストーンも混同していました。古代文字の解読の歴史をひもとくのも面白そうです。

Salle 336 シュリー翼
エジプトの青いカバ
Img_1174
このカバくん、王家の墓の副葬品として埋葬された幸せのシンボル。カバくんの青色は、エジプシャンブルーと呼ばれる美しい青。ナイル川の生命を象徴する色です。カバくんの背中には意味ありげな模様が刻まれています。ニューヨーク・メトロポリタン美術館にも同じようなヒッポ・カバの像があるそうです。ルーブルでは4体くらいのヒッポが展示されていました。背中の模様の形でどこの家のカバの像なのか判る。と、なにかで読んだ気がします。この青いカバ、ファンがおおそうです。
・エジプトの青いカバに会う
・ルーブルの青いカバ
・MMM メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド


Salles 329 シュリー翼
古代エジプト時代のゲーム盤
Boîte de jeu au nom d'Imenmès
Img_1173
古代エジプト時代のゲーム盤。
sénet /セネトっていうんですね。昨年、ボストン美術館に展示されていたものに類似していました、引き続き発見。フランス語で"jeu de l'oie",英語圏では"Goose Game"という双六のようなゲームに近いらしいです。

Img_11732
横面に彫られている絵はゲームを遊んでいる様子。
数千年の先の人間がそれを見て、その絵の意味がわかる。この古代のゲーム盤を一目みるだけで、現代人でもこれは遊びの道具とイメージできます。数千年の時間を経て古代人と共有できる行為である「遊ぶ」という行為、それが人間の本性の一つなのでしょうね。


Salles 346 シュリー翼
Aphrodite, dite Vénus de Milo
ミロのビーナス。
Img_1178
ここは、人気がありますね。ご本人を二重三重に人が取り囲んでいました。ルーブル美術館の中は、人が多くて賑やかな部屋と、静かな部屋でずいぶん雰囲気が違う事がわかりました。
おっと、これくらいの時から、ルーブル美術館の窓ガラスが震るえ、館内がものすごく騒がしくなりました。外でTechno Paradeというイベントが大音響を出していたようです。大音響、大振動で作品が振動でたおれないものだと思いました。

Salle 811 リシュリュー翼
クエンティン・マサイス/金貸しとその妻
Quentin METSYS/Le Prêteur et sa femme

最後に、シュリー翼2階にもどり、フランドル絵画をみました。絵の真ん中に鏡のような部分があり、絵には記載されていない風景が記載されています。

Salle 844 リシュリュー翼
REMBRANDT/Portrait de l'artiste au chevalet
レンブラント/ある画家のポートレート

ここはレンブラントの間。そして、最後の最後に観た絵が、レンブラントの自画像。この自画像は、暗い背景からレンブラントが浮かび上がってきます。翼の一番奥の部屋に展示されていて、”また来なさいよ。”と、言われているように感じました。さて、ここらでルーブル美術館をお暇しましょう。このラビリンス、まだまだ、見切れていないです。

Img_1185
Je reviendrai encore!
また、お邪魔します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »