« What's happen on earth in Seattle#5 | トップページ | PhotoCDをMacで開く »

2018.08.19

What's happen on earth in Seattle#6

Img_1012

最後に、"Starbuck Reserve Roastery"を紹介させてください。

Starbuck Reserve Roastery
1124 Pike St, Seattle, WA 98101


Amazon Goからは、歩きで30分くらいだったでしょうか?Pike St.をずーっと登り、ワシントン州会議場を越え、高速道路の上を横断し、プリマスピラーズ・パークのお向かいにありました。プリマスピラーズ・パークからはシアトルダウンタウンが一望できました。
Img_1011


Img_1013
ここStarbuck Reserve Roasteryは、完全な観光地。建物の前では、ここでも中国人旅行者が遠慮なく店をバックに記念写真を撮っていました。本土の人なのか?香港の人なのか?台湾の人なのか?私には区別がつきませんが、おそらく、本土のひとでしょう。Reserveのお店は日本にもあるので、店の様子は、Nitro Cold Brewのコーナーがあったりして、日本と同じですが、ベーカリーのコーナが充実していて、コーヒー以外の食べ物を売るスペースが増えていました。

Img_1015
奥に進むと、下の階に降りられる造りでした。降りてみると、こちらの方がゆっくりできるスペースでした。

Img_1014
カウンターで、スターバックスコーヒーのバリスタと語り合いながら、コーヒーを飲むこともできたのです


Img_1016
もう、疲れ切った私は、ソファーコーナーに陣取り、店員のお兄さんと最小限の相談をして、注文をきめました。CONGO IDJWI ISALAND注文したコーヒーは、コンゴ・キヴ湖に浮かぶイディウィ島でとれたコーヒーCONGO IDJWI ISALAND。詳細は、非公式スターバックスニュースサイトStarbucksMelodyサイトの紹介をお読みください。CONGO IDJWI ISALANDの説明もありました。 
お店のお兄さんがボードに乗せて持ってきました。肝心の味の方ですが、どうなのでしょう。それほど、インパクトのある味ではありませんでした。おそらく、私の体調の問題だったでしょう。コーヒーを受け付ける余裕がなかったです。今度、東京のReserveで再挑戦しています。


奥に進んでわかったのですが、席のそばに大きな大きな焙煎機がありました。
これが、Roastery様なんですね。
よくみると、このRasoteryの周りに階段が出来ていて、ちょっとした見学コーナーになっていました。小学生低学年くらいの男の子がお母さんとローストの様子をみていたので、まぜてもらうことにしました。Roastreyを扱っているお兄さんが子供にRoasteryの説明をしていました。
"このRoasteryからでてる焙煎したての豆はSuper Super hotなんだ”
"ここで、引き回しながら冷まさないと動かせなないんだ”
”あと5分待ってくれ”
と、語っていました。
焙煎された豆は、Roastery横のチューブにのって、Reserveタンクに蓄積されるそうです。そのReserveタンクからバリスタさんのところまでも細い管が伸びていて、そのReserveタンクから、豆を取り出しドリップしていました。

親戚の家で飲む、粉のインスタントコーヒーがコーヒー経験の出発点でした。フリーズドドライでも、ミル済みのコーヒー豆をドリップしても満足できず、今は、手動のミルを使って飲む分だけ、自分で豆を挽き、ペーパーフィルターでドリップしています。やはり、焙煎も極めるべきなのでしょうか?コーヒー経験の世界はもっと奥が深いことを、この店で感じました。

|

« What's happen on earth in Seattle#5 | トップページ | PhotoCDをMacで開く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3769/67073990

この記事へのトラックバック一覧です: What's happen on earth in Seattle#6:

« What's happen on earth in Seattle#5 | トップページ | PhotoCDをMacで開く »