« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017.08.31

ボストン旅行(その2)

Dsc_3067shadow

JAL8便はボストンに定刻到着。ただ、しばらく滑走路上で駐機、まさにポートが空いたところで着岸。JAL機のまわりは見たこともないロゴを尾翼に付けた飛行機ばかり。"WOW"とか、"æ(Air Europe)"とか。

機内からでたはいいものの、入国審査は長蛇の列。米国人以外の入国者の多いこと多いこと。いつもであれば、まあ、いいんじゃないと気長にまつのですが、今回は、まてない緊急事態が発生しました!急にお腹が痛くなってきたのです。大腸が蠕動亢進です。きっと気圧の急な効果の影響でしょう。この経験、サンフランシスコから日本に帰国したときも経験しました。気圧と大腸の動きは何か関係がありそうです。ボストンの入国審査官が優しかったので、入国審査はするっと通過。私のお腹のものもトイレに駆け込み、するっと通過。ほっとしました。

空港からホテルまではタクシーで20分ほどでした。夜のとばりのボストンのダウンタウンを通過しました。ボストンの街の第一印象、レンガ作りの建物が多く、横浜の馬車道のような雰囲気、歴史を感じました。また、道すがら、夕焼けがキレイなアカネ色に染まって見えました。夕焼けは世界中どこにいってもキレイなモノなんだなあと妙に感じ入りました。

ホテルに到着。黒人のポーターさんが出迎えてくれて、「荷物を運ぶか?」と、聞かれ、おもわず、No thank you.と答えてしましました。結果的に、このポーターさんに失礼をしたのかも知れません。あのポーターオジサンの仕事をうばってしまったかもしれないのです。特にチップ。あのオジサンの生活の糧がチップだとしたら、ちょっと申し訳なかったかも。Boston,意外と下地が、キチンと身分階級が階層化された、ヨーロッパ文化のようです。

ホテルのレセプションでチェックインしたときもトラブル発生です。チェックイン時にクレジットカードの提示を要求されたので、いつもつかっているSUICA-VISAカードをだしたら、このカード与信がとおりませんよ。と、言われてしまいました。

えっ!!!!

しまった!
このカード、JAL便の行き帰りのチケット代を支払うときに使っていました。
もしかすると、ほんとうに与信枠をこえてしまったのかも。クレジットカードを海外旅行で使う時には気をつけないといけないですね。とくに、一人ではなく。複数人で行く場合。いつもと、違いますもの。

そして、とどめ。ホテルにバスタブがない!!以前、このホテルチェーンの同じカテゴリのホテルを使った時には、バスタブがあったので、鷹をくくっていたのですが、このホテルにはございませんでした。日本人たるもの、湯船につからないと、疲れがとれませんよね。


トラブル、続きました。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.30

ボストン旅行(その1)

Nrtbosshadow


行きの飛行機は成田発、JALさんのJL0008便にお世話になりました。ボストンまでの直行便をもっているのはJALさんだけ。長い旅路、乗り換えがあるのはきついので直行便を選択したかったのです。ボストンで泊まったホテルのレストランで朝食を撮っているときにサービスのオジサンが教えてくれたのですが、この直行便就航から2年だそうです。おかげで座っているだけでボストンにつく楽な旅ができるようになりました。

JALさんは、成田第2ターミナルを使っているんですね。
ANAマイラーの私は、たぶん、第2ターミナルを使うのは初めてだとおもいます。はやめについたのでターミナルのなか、遊ばせていただきました。盆休みが明けた日だったので、出国手続きは非常にスムーズにすすみました。ただ、Tシャツの上に一枚羽織っていったせいか、出国のセキュリティで、搭乗直前のカウンタで、二回もボディーチェックを受けました。


Img_1334shadow
JALさん、基本カラーが赤色なので、機内食のトレーの色も赤でコーディネイトされていて可愛いです。機内の楽しみといったら、機内食ですよね。乗ってからすぐと、降りる前の計2回、機内食が出てきました。

Img_1337shadow
Img_1335shadow
メニューは、カジキのカツ丼かハンバーグ&ジャンバラジャの2択。今回は、かみさんとの道中二人旅でしたので、私は白ワインをいただき、寛がせていただき、かみさんはみそ汁で日本を懐かしみ。デザートのハーゲンダッツもありがたかったです。乗った飛行機の機種はBoeing787ドリームライナーだったので、食後、照明が自然と暗くなっていき、うとううと気分にはなったのですが、ただ、ボストンまでは、エコノミーシートに13時間くくりつけられたので、正直、おしりが痛くなり、早く着かないかなあ、まだかなあと、苦痛の時間が、シカゴ上空くらいから続きました。この路線、もう二度、エコノミーにはのるまいと誓いました。

Img_1338shadow
二度目のお食事は、着陸2時間前くらいでした。
なーんか、不思議な袋がきたぞ、とおもって、よく読むと、MOSと書いてあるではありませんか!モスのライスバーガーでした。おまけにトー鳩のポテコまでついて、純日本風三時のおやつ的軽食メニュー。これはこれでいいかな。

飛行機は、ボストン空港に着陸態勢を取るまで、結構、高度を維持、急降下というわけではないけど、日本の空港に着陸するのとはだいぶ様子が違っていました。これが思いもかけない事のきっかけになるとは思いもしませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

ボストン旅行(その0)

Bostoncollages_2


先週、夏休みを利用して米国ボストンまで行って参りました。
これから数回にわけで、旅の写真をご紹介しつつ、
ボスントンにいる間、感じたことをご紹介したいとおもいます。
今回は、まずは、プロローグということで。。。


Bostonvisit2017small

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »