« よこはまブラリ | トップページ | Dive ESP8266 to Deep Sleep Mode(3) »

2017.05.13

ping|sedにたわむれる。。。

Dsc_3021shadow

ねえ、うちのインターネット遅くない?と、家人に言われた。

えっ?と思い、調査開始。
家で使っている無線LANルーターにpingを飛ばして見る。
数回続けてpingを飛ばすと早い時と遅い時がある。桁が違うくらい。
そう言う時にpingの結果を整形してくれるツールがありがたい。
もっと言うと、その整形結果をprocessingで可視化して見ると面白いかもしれないと思い、手を動かし始める。

pingコマンドの出力結果をsedで整形、ええ、そんなのお茶の子さいさい。と、高を括っていたら、スクリプトが書けない。。。。。

がーん。

もう、手仕事から離れて時間が立っていることが理由でしょうね。
もう一回、sedを復習し直して、整形できるようになったのが
やれやれ、一日がかりの仕事。情けなや。
でもUNIXの世界のすごさを再認識。
こんな一行コマンドで、用が足りる!
他のやり方だったら、もっともっと面倒でしたでしょうね。
Thnaks, UNIX!

=================================
#!/bin/bash
echo "pingで時間のみをとりだす。OSX用"
ping 192.168.10.1 |sed -n -e "s/^.*time=\(.*\).*ms$/\1/p"
=================================


原因は、
-無線lanルータそのものが古く、2.4Ghz帯で隣と同じチャネルで衝突していた
-マンション住まいなので、他の住民の影響を受けいた
-回線業者が近所で道路工事をしていた
といろいろあったが、無事解決。
やれやれ。


|

« よこはまブラリ | トップページ | Dive ESP8266 to Deep Sleep Mode(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3769/65272233

この記事へのトラックバック一覧です: ping|sedにたわむれる。。。:

« よこはまブラリ | トップページ | Dive ESP8266 to Deep Sleep Mode(3) »