« サンノゼ主張(LAXを行くの巻) | トップページ | モチベーション3.0 »

2017.04.16

不快指数(DI)が気になり出す季節。。。

Img_20170408_090535


ソメイヨシノの花も葉桜にかわり、八重桜がバラのようにボリューミーな花を重たげに開きだしました。さくらが終わると、チューリップ、つつじ、ばら、と花暦が忙しくなります。

今日は気温がぐんぐんあがり、温かいというより暑いという感じになりました。
髪ものびスッキリしたくなったので、床屋さんに行きました。その床屋さんでエアコンの冷房が動き出していました。
夏に入り、エアコンの出番がふえると、湿気を気にするようになりますね。
湿気を気にする時によく聞く指数が「不快指数(DI)」。

このDIについて調べてみました。
不快指数(Disconfort Index)とは、蒸し暑さを表す体感温度の1つ。体感温度とは、人が暑さ寒さを感じる温度感覚のこと。気温の他に湿度、風速が影響する。不快指数は気温と湿度だけで算出するので、必ずしも体感とは一致しない。1957年、米国で蒸し暑さを示す温湿度指数を冷房設計に用いたのが最初。日本では61年夏から使われ始めた。

不快指数の計算式は、
気温を T ℃,相対湿度を H %とすると
不快指数=0.81×T+0.01×H(0.99×T-14.3)+4

不快を感じる値は人種などにより違いがあるが,日本人は 77になると 65%の人が不快を感じ,85では 93%の人が不快を感じるといわれている。一方,アメリカ人は 80以上でほぼ 100%の人が不快を感じるといわれる。

だそうです。

さっそく、My IoTプロジェクトにDIを実装してみました。
ただいま、DI = "70.50"。不快という状況ではありませんでした。
さて、これからこのDIがどうなっていうか?観察していきたいと思います・

Screenshot_20170416175324shadow


|

« サンノゼ主張(LAXを行くの巻) | トップページ | モチベーション3.0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3769/65158338

この記事へのトラックバック一覧です: 不快指数(DI)が気になり出す季節。。。:

« サンノゼ主張(LAXを行くの巻) | トップページ | モチベーション3.0 »