« 観測問題。。。 | トップページ | ロンドン出張(その2) »

2016.09.25

ロンドン出張(その1)

Img_20160914_122912shadow

The world is flat.と申しますか、今年は随分と海外出張が多いこと。先日は、英国ロンドンにお邪魔してきました。

行きは羽田空港発のNH0211便。やはり、羽田から出るのは楽です。出張先ではタフな会議が待っているので旅の道中、特に行きは、エネルギー温存が大切。こういう時、羽田から出発する国内キャリアがありがたいです。

飛行機は順調に高度をあげ、ハバロフスク上空を通過。
Img_20160914_132828shadow

機内食をいただき、ワインを飲めばウトウトしてくるもの。しばし、おやすみ。気がつくと、モザイク状に区画された畑が散らばる景色が広がっていました。この風景が見え始めるとヨーロッパに来た気持ちになります。ヨーロッパにはいろんな国があるものの、農耕文化には共通性があるのでしょうか、空から見えるパターンの変化で、どんな文化を持っている人たちの頭上を飛んでいるのか、わかる気がします。これは、地球共通のような気がします。
Img_20160914_211723shadow


Img_20160914_231744shadow
フィンランド、デンマークを通過し、英国に入る手前で面白い光景を見ました。海上に、とてつもなく、たくさんの風力発電用風車が設置されているのです。これ、洋上風力発電所(Offshore wind power)Greater Gabbard wind farmでした。発電容量は504MW、風車は140基。(1)
Greatergabbardshadow

そばには、London Arrayというより大規模な洋上発電所。英国は洋上風力発電に熱心なようです。NEDO,DECC,GWECで洋上風力発電の発電量を比較してみると、

UK 3,681MW
JP 24MW
日本はイギリスの0.02%の規模!!

Energy_mix_uk2015shadow

Japanelectricityproportionshadow


BBCのWebにもあるように、イギリスというか、EU全体、環境には厳しい意識を持っているんでしょうか?再生可能エネルギーの活用の意識が高いようです。再生可能エネルギーに対する日本とヨーロッパの考え方の違い、気になって来ました。

おっと、こんなことを考えているうちに飛行機はロンドン上空。これは、すごいです。遊覧飛行をしてもらいました。

詳細は次にご報告します。

|

« 観測問題。。。 | トップページ | ロンドン出張(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3769/64252782

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン出張(その1):

« 観測問題。。。 | トップページ | ロンドン出張(その2) »