« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015.11.23

IoT関連インデックス(その9)

Dsc_2626editshadow


■サービスとその流通への影響力

XaaSビジネスモデルの継続は、サービスイネーブラーやサービスプロバイダーに多大な影響力を与える。たとえば、AutocarのRichard Bremnerの報告によると、Miniは「車をアップグレードしたり、次の持ち主が不要とおもう機能をダウングレードすることを許すダウンドアプリを考えている。たとえば、彼「MiniブランドボスのPeter Scwarzenbauer」が引き合いにだすように、すべてのMiniに組み込まれ、アプリを購入することで動作可能になるシートヒーターの場合、次のオーナーは、必要と感じなければ止めることができる。これは、ある種のオプションをレンタルしていることに似ている。

今、消費者がたとえば10,000ユーロでシートヒータ付きMiniを再販できるとしよう、将来、シートヒータなしで、たとえば、9,000ユーロで再販できるかもしれない。別の言葉で言えば、少ない金額を再版者が受け取る。さらに、これが、中古者が良い買い物をしたとおもうか、サービスイネーブラーやサービスプロバイダーの利益要因とみるか、不透明である。

実際、XaaSは、潜在的に、サービスイネーブラーやサービスプロバイダーによって、洗練されたマーケットセグメント戦略が生まれる可能性を秘めている。スマートデバイスは、RFIDタグ、IMIEナンバー、MAC,IPアドレスなどのユニークな識別しを保有している。これらの識別子を活用することによって、非常に細かいレベルでサービス提供をコンとロースすることができるかもしれない。すでに、IMIEナンバーは、携帯電話の盗難防止に使われている。地下鉄の切符に埋め込まれているRFIDは、乗車可否をはんだんすることに使われている。一方、IPアドレスは、場所にもとづき、消費者がオンラインTVの視聴可否にしばしば用いられている。類似の手法は、すべてのIoTソリューションに適用できる。

IoTにおいて、誰がどんな権利を持っているか、再考する時期にきている。
類型的に、これらの権利は、4つのカテゴリに分類される
1.排除する権利
2.転送する権利
3.所有し利用する権利
4.破壊する権利
Miniの例はこれで終わらない。かりに、Miniが、シートヒータサービスを、第三者が提供するAppストアを使って提供するとすると、Miniは,サービスイネーブラーが埋め込んだ契約条件にとらわれる可能性がうまれる。たとえば、そのAppストアは、ある時点でMiniアプリをなんらかの条件で削除するかもしれない。これが、IoTにおける閉域網の危険の一つである。

これを抑止するために、Miniは彼らのアプリを複数のAppストアに展開するようSIerに指示することができるかもしれない。これは、Appストアに競合市場が形成されていることを前庭としている。

彼らはネイティブアプリよりWebアプリを開発するだろう。これは、Financial Timesが、Appleが、サブスクリプションベースのiOSアプリに対し、新しいルールを用いてガバナンスしようとすることに対する対抗として、2011に採用した方法である。

"FTが固執したポイントは、ネイティブアプリでサインアップした利用者に対し、Appleが要求してきた30%以上のサブスクリプション収入の低減と、そのような購読者に関するデータへのさらなるアクセスである。"

サービスに対しシステムインテグレータが持っている力は むろん、様々な面がある。たとえば、クラウドサービスAPIに対する、彼らにアクセスレベルや、
SOAの実装程度などである。SOAは、サービス同士を連携できるようにもできないようにもできる。

すると、消費者がIoTサービスを利用する際、プライバシーに関する問題が現れる。IoTでは大部分のデータはマシンが生成するものであり、利用者が生成するものでない、さらに、一個のセンサーがどれほどのデータを生成するか、さらに、このデータの殆どは複雑かつ動的なネットワークによって処理されること、が重要。インフォームドコンセプトやオプトアウトの概念は、そのような状況では、上手くいかないかもしれない。

O'Reilly MediaのTim O'Reilly プライバシーに対し真逆の観点を持っている。彼は、誰もプライバシーを維持できない"それを受け入れよ"、とするScott MnNealyの観点""を支持していない。しかし、彼は、プライバシーの課題と、消費者が、IoTサービスが安全であることを確信することが必須であること、を結びつけた。

Lookoutの主席セキュリティ研究員であるMarc Rogerは、デバイスがネットワークに接続されたとき、潜在する侵略者に対する意味が根本的に変化することを発見している。
"一度、サーモスタットを接続すれば、家の中で何が起こっているかわかるようになる、いつ空き家か、さらに、もし、よりおおくのサーモスタットが接続されればそれは兵器にもなりうる"

実際、2014年1月、Proofpointの研究員は、論理的にはわかっていたものの、これまでわからなかった、IoTサイバー攻撃を発見した。IoT家電、テレビや冷蔵庫が悪意のあるspamメールを送信していたのである。数週間のあいだ、それらは、一日に三回の行動を起こし、一行動当たり約100,000件のe0mailを送信していた。

このような攻撃の直接的な形跡をを除き、このような被害に対し、誰が信頼性を提供すべきか、サービスイネーブラー、サービスプロバイダー、リセラー、消費者、はたまた他の利害関係者なのか?。たとえ、IoTデバイスがセキュアだとしても、消費者が常に安全だとは限らないのかも知れない。

結局、誰がサービスを提供するのか、利用者か、社会全体か?David Weinbergerは、Google Carは、全体のために、利用者を犠牲にするのか?と、指摘した。
"Googleの自動運転自動車は、搭乗者を守るようにプログラムされているともいえる。ゆえに、交通状況が悪化した際、あなたが搭乗しているは、あなたの安全を維持するために、取り得るすべての防御行動をとるかもしれない。しかし、ロボットカーが道路のあふれだし、相互にネットワーク接続された状況の場合、ロボットカーは何をプログラムされるのだろうか?我々は個人としてどうあるべきかを認識している。私の車は、”搭乗者を怪我からまもる”ことを第一義にしているかもしれない。しかし、車がネットに接続されたら、人類全体に対し事故発生率を最小化化することが第一義になるかもしれない。そして、そのような指示は、死亡率全体を下げるために、ある特定の自動車を犠牲にすることをいとわなくするかもしれない。”

別観点で、Axwayのイノベーション部門副社長、Marc O'Neilも指摘している。
”企業は、かれらの技術力のある顧客から、ハッキングによって、電子自動車システム利用料をダダで使われてしまう、リスクにある。"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015.11.10

IoT関連インデックス(その8)

■ネットワークトラフィックへの影響力

ネットワーク事業者はIoTネットワークを壊滅する力がある。ネットワーク事業者は、潜在的に、IoTソリューションのサービスコンポネントに影響を与えることができるからである。たとえば、ネットワーク事業者は、ブロードバンドネットワーク上のトラフィックを、ユーザ別、アクセストラフィックのタイプ別、コンテンツの送信トラフィック別に、ブロックしたり、スローダウンさせることができる。

事例として、Nitflixと、彼らの現在の挑戦である「ネットワーク中立性」をとりあげる。ネットワーク中立性とは、すべてのインターネットトラフィックは平等に取り扱われるべきとする考え方。Netflixは、彼らのトラフィックが、不正にデグレードされていると唱え、ビデオ品質向上のため、ISPとの相互接続を強制されていると主張している。

Netflix CEOのRead Hastingsは、より強いネット中立性を要求している。
"より強いネット中立性では、ISPが、Netflix,YouTube,Skypeなどのサービス事業者や、Cognet,Akamai,Level3などの仲介事業業者に対し、ISP通常契約者が要求したサービスやデータを提供するために発生した相互接続料を請求させない。むしろ、ISPには、ユーザに十分なアクセス帯域を無償で提供する義務があるとする。”

しかし、ネットワーク中立性だけが、ネットワークトラフィックの課題ではない。消費者は、IoTデータ利用料を支払ことができる状態でなければならない。この利用料は、2020年、500億台のデバイスが接続される状況でも、妥当性がなければならない。多くのデバイスは移動体であり潜在的にはローミング費も発生しうる。データ利用料に対する新たなビジネスモデルは、それゆえ、開拓すべき面が多い。競争力があるIoT市場であるためには、消費者がネットワーク事業者を選択できる能力が、大切な働きをする。たとえば、IoTデバイスに組み込まれたSIMカードは、デバイスに物理的にアクセスしている状況では、そう簡単には変更できない。世界中の移動体事業者が関心をもっているGSMAがこの課題を解決すると信じられている。
"GSMAの組込SIMが技術仕様を提供することで、組込SIMの遠隔プロビジョニングや遠隔運用を可能になり、最初のネットワーク事業者が発行したSIMを無効化したり、SIMの契約をある事業者から別の事業者に変更することが実現する "


最も根本的な課題は、IoTネットワークが公共的な基盤として取り扱われるかどうかである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.09

IoT関連インデックス(その7)

Iot_governanceshadow


IoTのガバナンス

ガバナンスの定義
このロードマップではガバナンスを以下のように定義する。
「社会が、潜在的に利己的な相手を交響の福祉に不利益を与える行動を行うことを防止、抑止するために社会が適用する制御の仕組み」

良好なガバナンスのためにフレームワークを構築することが重要である。なぜならば、IoTはバリューチェーン内の、様々のステークホルダーに、多大な影響を与えるからである。それらの影響とは、以下の通り。
・ネットワークの標準化への影響
・製品とその提供への影響
・ネットワークトラフィックへの影響
・サービスとその提供への影響


■ネットワークの標準化への影響
デバイスがどのように通信するかのみでなく、デバイス同士が何を通信するか、これに関係するネットワーク標準を取り上げる事が重要。
クローズドな標準がIoTネットワークをコントロールする可能性もある。たとえば、とあるブランドのスマートウオッチが他ブランドのスマートフォントと通信できないと決めたとしたら、それは、消費者の観点からは役に立たないし、潜在的に非競争的である。
Neil Gershenfeld とJP Vasseurは、もの同士をリンクするためには、業界ごとにネットを新規構築するよりも、インターネットを使うべきと主張している。彼らは、IPV6を擁護し、クローズドな標準が、インターネットならばすでに解決した課題の解決に苦労していることに着目している。たとえば、デバイスにどのようにしてネットワーク名を付与するか、ネットワーク間でメッセージをルーティングするにはどうするか、トラフィックフローをどのように管理するか、どのように通信路上のセキュリティを確保するかなどである。
かたや、Mindtree Research LabsのRonak Sutaria とRaghunath Govindachariは次のように信じている。”短期的には、個別解のほうが、相互運用性のある標準型の解を凌駕する可能性が高い"

■製品とその提供への影響
製品メーカーは、製品供給統制のため、販売制度や知的財産権管理に伝統的に重きをおく。たとえば、あるIoT製品は、スマートフォン、タブレット、などの、サードパーティ製品をそのインタフェースとして採用することがある。
XaaSソリューションに与えられたとマーケットにむけ、両方の製品が顧客に必要なことがある。さもないと、そのソリューションは、不便で、役にたたず、欲しくもないものになるからである。さらに、両製品が市場にならんだとしても一方が他方との協調をこばむ場合もある。
CNNは、Keurigの新しいコーヒーマシーンにはコーヒーポッドを確かめるカメラが着装されていることをレポートしている。
もし、このポッドにLidが埋め込まれた"専売のタガンドタグ"がついていなければ、このポッドは、コーヒーマシーンにリジェクトされる。言い換えれば、ライセンス外のカップはKeurigの新しいコーヒーメーカーでは用をなさない。
"性能面と安全面からシステムはKeurigブランドのパックした使わないことが重大である。"
一方、San Fransisco Bay codeeの社長であるJon Rogersは、これは、イノベーションを抑止し、顧客を高価格に導く反競争的慣行に等しいと主張している。
"Green Mountain コーヒーロースターが、明らかに取引拘束と思われる機能をもったKeurig 2.0の導入を認められるなら、Keurig 2.0の独占が、Keurig 1.0が市場で唯一のマシンだった時代同様に復活したといえる。"

Keurig20_coffee_makershadow0_coffee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.02

IoT関連インデックス(その6)

Value Chain of the IoT/IoTバリューチェーン


Iot_value__chain1shadow

IoT市場の運動学を把握するため、Ansgar Schlautmann と彼の同僚であるArthur D Little社員はIoT技術アーキテクチャを’スマートソリューションむけバリューチェーン'に翻訳した彼らは、このIoTバリューチェーンは分散し、複合化しているので、8つの構成要素と10つステークホルダーに分類した。

アクチュエータ、ワイアレスモジュール、モデム、SIMカード他が、スマートオブジェクトをネットワークに接続する。伝統的にこの領域を運用するステークホルダー、Cinterion,Sierra Wireless,Telitは、アジア圏の重工業企業、Huwai,ZTEと連携しこの領域への参入を開始している。

• スマートオブジェクト
自動販売機、アプライアンス機器、自動車、カメラなど。LG,Bosch,Volvoなど参入する製品製造企業が増大しており、このセグメントは活性化している。

• ネットワーク事業者
スマートオブジェクトとの有線、無線での小丹生にケーションを提供、管理する企業
従来の通信事業者であるVerizon,Comcast,AT&Tや、Goofleファイバーのようさ新規参集社が属する


• サービスイネーブラー
スマートオブジェクトに知性を供給する一方、サードパーティに対し収集した情報を提供するクラウドやソフトウエア基盤。アーサリトルはバリューチェーンの中で、サービスイネーブラーが最も魅力あるポジションにいる事実に興味を持っており、全価値の30%-40%を占めるとみられている。Nokia Siemens Networks, Alcatel Lucent, IBM これらが、子の位置に、Vodafone,Telefonicaなどのネットワーク事業者と並んで存在している。

• システムインテグレータ
スマートモジュールを物理的にスマートオブジェクトに、そのスマートオブジェクトを標準APIを使ってクラウドサービスとインテグレートすることに関するステークホルダー達。
この領域は、従来、Axeda,Aeris and Telenor'Connexionが強い影響力をもっていたが、昨今、EricssionやIBMなどの、大規模システムインテグレータが参入してきている。

• サービスプロバイダー
複数ソリューションの組み合わせ、料金体系を設定し、利用料に課金するとともにカスタマケアーを提供する企業
Wireless Car,Hughes,Telematics がネットワーク事業者と協業する事例が増えつつある。

• 再販事業者
スマートオブジェクトと関連スマートサービスの双方を取り扱う。
スマートオブジェクトの製造業者は、しばしば、再販事業者にもなり得る。

• ‘Over-The-Top’ (OTT) players.
オーバー・ザ・トップ・プレイヤー(OTTP)
OTTPはインターネットを通しサービスを供給する源であり、既存のビジネスモデルを破壊していく。OTTPの例として、Skype,Netflix,YouTube,Uberを挙げることができる。

Schlautmannらは、通信事業者によるIoTバリューチェーンに参入するための戦略的参入に関する調査を開始した。
Iot_value_chain_2shadow

様々なステークホルダーが、同様の分析を実施しているだろう。再度強調し述べるが、バリューチェーンにおける現ポジションは非常に流動的である。なぜなら、ステークホルダー自身がIoTにおけるポジションを捜しているからである。これらを横においたとしても、バリューチェーンは究極的には最終消費者に付加価値を提供しなければならない。Cagan やVogelの視点では、これは、設計、実装、マーケティングをとりまとめ、消費者にとって、満足がゆき、役立ち、求められる、ソリューションを提供することを意味する。
Iot_value_chain_3shadow


The Big Picture

今ここで、包括的なIoTアーキテクチャをじっくり検討することは価値がある。つまり、IoTの技術バックボーンはIoTバリューチェーンによって可能になった。このヴァリューチェーンはXaaSソリューションを可能にし、正しく実行され\\れば、消費者に価値をもたらすものである。「ただしく実行される」とはどのようなものであろうかという疑問が、本ロードマップを「IoTの今後のガバナンス」に導く。

Big_picture_of_iotshadow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.01

IoT関連インデックス(その5)

Net_topologyshadow

通信能力およびクラウド/Connectivity and Cloud

スマートオブジェクトの通信能力には様々な形態がある。
まず、スマートオブジェクトは、様々なネットワークトポロジーを利活用できる。さらに、スマートオブジェクトは、様々の通信技術を使って、これらのネットワークトポロジーを構築できる。


たとえば、スター型LANであれば、以下のような技術をつかって構築できる。独自Sub-GHz and 2.4 GHz 技術, WiFi,ZigBee,4 KNX,Wireless HARTや6LoWPANなど。
Iot_communication_technologiesshado


重要なのは、もはや、インターネットにスマートオブジェクトを接続させることが必須要件ではないこと。Neil Gershenfeld とJean-Philippe Vasseur が、“As Objects Go Online - The Promise (and Pitfalls) of the Internet of Thingsに記述しているには、それには3つの理由がある。

1.コントロール
メーカーは自社製品により市場をコントロールしたがる。
インターネットが利益を生み出すことはないが、スマートオブジェクトが用いる通信標準をメーカーが独占できれば、利用者にその利用料を課金できる。

2.パフォーマンス
これまで、誤って信じられてきたこととして、個別構築ソリューションは汎用的なインターネットを凌駕するということがある。実際は、逆であり、個別ソリューションには、インターネット経済が要求するような拡張性、信頼性、セキュリティに乏しい。

3.コスト
長い間、インターネットの経済は、電球の時代の経済からかけ離れていた。当初、数百千ドルした大規模コンピュータを1000ドルのPCに置き換えた。しかしマイクロコントローラ黎明期の今、これは通用しない。Gershenfeld とVasseurは、我々は、曲がり角に来ていると唱えている。つまり、オープンスタンダードベースで中心を持ったないデザインのIoT、対、独自仕様システムを使い集中統制されるIoT、とのせめぎ合いの渦中にいると。


KarimiとAtkinsonは、この分析に、こう答えている。
【参照、What the Internet of Things (IoT) Needs to Become aReality”,
Kaivan Karimi of Freescale Semiconductor and Gary Atkinson of ARM, p13】

「現段階では、業界規模で合意され搭載されているIoTのベストプラクティスが存在しないため、多くの部品提供者はデバイスとクラウドの連携接続にアプローチしている。特定のクラウドではない、かれらのニッチなクラウドとの接続である。ある部品提供社は、すべてのデバイスはダムノードであり、すべての処理と意思決定は彼らのクラウドの中で実施される形態を提唱している。かたや、ある企業は、インターネット関連サービスへの最低限のアクセスのみが必要であり、考えること、決定することはローカルに実施される形態を提唱している。」

Electric_impshadow
例として、Electoric Imp社をあげる。かれらが提唱するIoTアーキテクチャでは、彼らの独自仕様の‘Imp’マイクロコントローラーは、'Impクラウド'によって、プログラミングされ、集中制御されているので、消費者がやることは,ImpをWifi経由で接続するだけという形態である。
※参考
■TechChurch
■AdaFruit
■Uproar Labs


Impshadow


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »