« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015.04.27

Arduino参上!

Arduinohascomeshadow


ゴールデンウイーク2015中のIoT理論と実践。
今日は、実践編。

身近でIoTの体験を積むとしたら、いまどきArduinoかRasberry PIでしょう。

私は、Switch ScienceさんからはじめようArduinoキットを購入しました。
いよいよ、我が家にもArduino参上です。
思ったよりも小さい。自宅にはPICのボードもあり、
その大きさかと思っていましたが、さにあらん。
その四分の一くらいの大きさ。手のひらに十分のりました。

1.Arduinoのサイトから、IDEをダウンロードし、インストール
2.ArduinoとMacBookをキットに入っていたUSBケーブルで接続
3.接続ポートをUSBに設定
4.Arduino-IDEのスケッチにコードを入力
5.Verify&Upload
6.実行

手順はざっとこんなもの。だったんですが、

あれ?動かない?


おっと、LEDのカソード、アノードを差し込む所、
GND,13ピンの位置が逆でした。
LEDのカソード、アノードの見分け方もすっかり忘れていました。
中学生の時にはバッチリだったんですがね。

ということで、動作環境確認完了。


で、何するの?


夢ははてしなく、広がっているのです。

Let's Prototyping!
御期待くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.26

Software Above the Level of a Single Device

Cat


世の中でIOT(Internet of Things)が騒がれ始めています。バズワード化全開ですが、本当にそうなのでしょうか?このゴールデンウイーク中に少し、ネタを仕込んでみます。

まずはWikipediaからと思い、WikipediaでIOTを捜してみると、たくさん記述がありますね。Web2.0を提唱したTim Oreilly作成の資料"Software above the level of a single Device"が引用されていたので、読んで見ました。おもしろかったです。

この本、SOLIDというイベントでの講演内容の要約。
・デバイスをスマート化するためには、人間からのインプットが必要。デバイスは所詮、人間がやっていることを、自律的にやってくれるものくらいに思った方がいい。

・そのインプットは、上手く考えなければいけない。 Implicit,Explicitなインプットがあるだろう。
※Googleが買収したNestが事例として紹介されていました。

・"人を中心"とすること。"As we design this new world we need to think about user needs first."ユーザニーズの分析がまず大事。

・データに与える情報、データから上がってくる情報、それはCloudに蓄積される。スマートデバイスは単独では使われない、データのやりとりがある。ネットワークを使う。もう一度、インターネットの重要性を考えてみよう。そのときに大切なのがTCP(RFC793)が提唱しているRobustness Principle "be conservative in what you do, be liberal in what you accept from others."その一つがInteroperarity(相互運用性)、データが繋がること。どっかのベンダーが、客を囲って勝手なことをやり出すのを戒めている。

・“Useful software written above the level of the single device will command high margins for a long time to come." Uberの例を紹介。デバイス、この場合はスマートフォンだけど、複数のサブシステムが連携して"System of Ineraction"を実現しているところがすばらしい。“Uber is the lesson in building for how the world should work, instead of optimizing for how the world does work.” by Aaron Levie. 世の中はどのようにあるべきか?で、考えろ。

・"not just make cute, cool, and amazing consumer devices. I want you to think about hard problems that you can solve. Take this technology and make the world a better place!"ただ、かわいいとか、かっこいいとか、おもしろいとか、そんなレベルでとどまらず、世界を住みやすくするためにはどうするかを考えろ。

講演自体の動画もYoutubeにアップされているようです。良い時代になりました。先にテキストを読んでから、動画を読むと、理解がいっそう深まるようです。ご一読、ご一見を。

西海岸ではIoTかなり本気の勢いになってきている。と、感じました。
行ってみて、この目で、この耳で体験してきたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.19

Point Of View

Dsc_23061shadow


庭の鉢に植えたチューリップが咲いてくれました。
今年は、茎の丈が短く仕上がり、なんか、可愛らしいチューリップばかりです。
うちでうえたチューリップは、どうも、花の期間が短いです。

花の写真の鉄則は、おしべにフォーカスをあてる事らしいですから、それを、意識して、取ってみました。
たしかに、かわいいチューリップの印象です。
もっと、おもしろい絵を見つけられないのかな?
と、思い、チューリップの鉢の周りをグルグルまわりました。
太陽のある方向の反対側に回り込んで、下からとってみたら、
なんか、おもしろそうな絵になったのが、次の写真。

最近、外人さんたちとビジネスで会話する機会が増えてきました。
そういうとき、Point Of Viewという言葉を使うことがおおいです。
立ち位置、視点という意味です。
むかし、とある本で、戦略の本質は、どこに立つか考え実行すること。
と、聞いた覚えがあります。
ここに立ったから、物事が、こう見える。
ではなく、物事を、こう見たいから、ここに立つ。
という、意思の決定が重要。ということなんですかね?
かつ、その意思決定の背景を周囲と共有し、周囲を動かす事が、
大切なんですかね?


マクロレンズ欲しいなあ、という物欲が生まれつつ。。。

Dsc_23211shadow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »