« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.25

Happy Birthday,Mac

Hbmac30shadow
30年前、1984年1月24日にアップルのMacintoshが世に出たそうです。
AppleのサイトもMac誕生30周年を記念した特別ページになっているようです。


Jobsap315x486shadow
Wiredに当時取材した記者の方からの投稿記事がありました。
Jobsもわかかったですね。


私が初めて、Macintoshにあったのは大学3年生の時、1984年の夏。
学部の物理実験、確かX線解析の実験レポートを説明するために、同期の実験チーム数名と渡辺研のセミナールームに入ったとき、当時、助手だった先生が米国ブルックヘブン国立研究所から帰ってきたばかりで、米国で買ってきたMacintoshを見せてくれた時でした。
そのとき、みんな声を上げて驚いたのを思い出しました。
インターネットなんかはなかったけど、Macinotoshの存在は何故か知っていました。でも、初めて本物をみて驚きました。当時、コンピュータを使うとなると大学内で共同利用している計算機センターの建物の中に入りTSS室に並んでいる、TSS端末を使うしかなかったものです。そのTSS端末も一行一行、テキストベースで入力し、これまた、一行一行、テキストで結果が帰ってくるものでした。
FORTRANでしたね。当時、C言語すら存在していませんでした。
その中、白いビットマップディスプレイに表示される綺麗なフォント、マウスという名のポインティングデバイス、フロッピーディスクを吐き出す時の音、スイッチを入れて、響くワクワクするような起動音。なにもかもが驚きでした。
それから、ずっとMacといっしょ。Classic,PowerMac-G3,PowerBookG4,MacBook,MacBookProとつきあっていきました。いま、Blogを書いているこれもMacです。

最初につきあったOSは漢字Talk7。すぐハングアップ。あーまた、と笑いながら、一晩に何回も再起動を繰り返していました。今のOSX10.9では、ハングアップしようものなら、目をつり上げた人たちがTwitterなどのソーシャルメディアで罵声の嵐の書き込みですからね、時代もかわりました。

いまちょうど、Steve Jobsの伝記を読んできますが、これも何かのご縁かもしれませんね。

30年も製造ラインとして続いている製品はITではめずらしいですよね。
それだけ、30年前は「画期的」という言葉そのもののマシンでした。Macは。
それは、姿形を変えても今も変わらず、一番やりたいことを素直に実現してくれるマシン。

ずっと、そばにいてください。。。。


Dsc_1650shadow


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.13

D・ソローのような生活。。。

20140113_21_55_18shadow

「森の生活」で有名なソローですが、近所の図書館でたまたま別の本を見つけました。

森を読む―種子の翼に乗って (アメリカン・ネーチャー・ライブラリー)
ヘンリーDソロー(著)
伊藤詔子 (翻訳)

彼の住まいがあったマサチューセッツ州の森でみつけた、マツやニレややなぎなどの木々の種子が生まれた親の木から遠くに旅に出る過程を丁寧に語る物語が続きます。あるときは風にのり、あるときはリスに運んでもらい、
あるときは雪の上を滑っていく、木々の種子達の冒険の物語がありました。

読んでいると森の松が風でそよぐ音や、リスが木々の間から顔を出す様子が目に浮かびました。日々、都会で人の声ばかり聞いていますが、田舎出身の自分の耳は、風の音、土の匂いの方が好きです。こういう時間の使いかたができる生活がしたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.03

Apple vs Google

51ixvvnaf5l_sl500_aa300_
書名:アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか
著者名:フレッド・ボーゲルスタイン/著 依田卓巳/訳
出版社:新潮社
出版年月: 2013.12


年末年始、この本を読んでいます。


日頃、AppleもGoogleも非常にお世話になっている会社です。
今使っているこのPCもMacだし、Gmap,GmailそしてスマホはAndroid.
Adroidなしでは日々の生活も考えられなくなってきました。

iphoneそしてAndroidというSmart Mobile Deviceという製品カテゴリを創造したAppleとGoogle.その両者がDogFightというべき消耗戦を繰り広げていることをこの本で生々しく感じました。特に超短期で開発しリリースを迎えたiPhoneとAndroidのバトルはすさまじいです。社内の政治抗争もすさまじく、Apple,Googleともすでに開発者の楽園という所ではなく、実ビジネスが繰り広げられているアメリカ文化をベースとした国際企業であることがひしひしと伝わってきました。まるでマイクロソフトや日本の企業ともかわらない嫌らしい闘争が展開されていたようです。

Appleの方はGoogleをぶっ潰すという意識から目に余る行動を展開している一方、Googleの方はスマートフォンメーカーと通信事業者を上手に取り込みAndroid生態系というものを気づきつつApple/iphoneを戦略的に囲い込んでいると感じました。そうAppleはClose指向。俺様の生み出す製品、俺様がえらんだAppStore上のアプリが世界でぶっちぎりCoolな製品なんだから、おまえらは俺を盲進していればいいんだという考え方。きわめて20世紀的なメーカーモデル。じつはBIなのか?
通りでこのMacは、普通のドライバーでふたを開けることも、メモリを交換することもできなくなったし、Maverickになって管理者むけ機能が奥底に沈んでいったわけです。MacがBSDをベースにしたDarwinで動いていること自体へんな気がし始めて居ています。

一方、GoogleはOpen指向。Androidという基本的なプラットフォームは無償で端末メーカーに提供するいっぽう、AndroidMarketに育つアプリにGoogleは極力干渉しない姿勢。Andoroid、クラウドで取り交わされるデータ自体の価値をビジネスに展開していくモデル。こちらがAIなのか?

最終勝者がすべてを奪っていくPlatfromBusinessの恐ろしさをApple・Googleともに知っているからなのでしょうか?双方との西海岸の会社なのでApple/Googleに勤めた経歴のある人たちはたくさんいることでしょう。一時はJobsもShumitも街角のCafeでカジュアルに会話する中だったのに、JobsはShumitをののしりあうところまで来てしまっていました。

なぜ、Apple/Gooleともiphone/Androidというデバイスを生み出したのか?その徹底的な分析がおもしろそうです。

この本、Must readです。おもしろいです。


Dsc_1620_2shadow


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »