« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.21

The Principles of AI

20131220shadow

年末に入り会社の中期計画も形がみえたころ、組織の全体集会がありました。その中、顧問のかたから、現在MITメディアラボの所長をされている伊藤穰一さんが今年の10月に来日された際、六本木ヒルズのAcademyHillsにて実施したプレゼン"The Principles of AI(After Internet)"の内容を紹介いただきました。

以下のような言葉です。

■Resilience over strength
未来予測が当たらない社会では、何かが起きたときに俊敏かつ柔軟に対応できる力を備えておくことが重要になります。変化を無理に抑えつけたり、変化に対して抗ったりする強さよりも、変化を受け入れ、そこからしなやかに跳ね返っていく力が求められるのです。

■Pull over push
AIの時代は、把握しなければならない範囲が広大で、状況も絶え間なく変化しているため、従来のように中央集権型で物事を管理するのは不可能です。従って、必要に応じて広大なネットワークからものや情報を引っ張り出してくるという、分散型のアプローチが重要になります。

■Risk over safety
リスクを予測することは重要ですが、現代においてすべてのリスクを把握し、除外することは困難です。リスクを恐れていては何も生まれません。リスクを承知で冒険する、まずは挑戦してみる。その気概を持ち続けることが重要になります。

■Systems over objects
個に集中するのではなく、あらゆるものをシステムで考えなければなりません。関係や結合を考えたり、バラバラなものの中に共通項を見いだしたりしながら、新しい価値を生み出す。さらに言えば、日本だけに固執するのではなく、世界規模で物事を考えることも大切です。

■Compass over maps
複雑かつスピードの速い世界では、すぐに書き換わってしまう地図を持つよりも、優れたコンパスを持つことが大切です。強い企業はすでにコンパスを持ち、現場で素早く物事を決めていますが、多くの日本企業はいまだに地図を作るために膨大な時間とコストをかけています。見通せない未来という地図を懸命に描こうとしているのです。

■Practice over theory
理論的には不可能なことでも、なぜか可能になってしまうことがある。それがAIの時代です。だからこそ、とりあえず動いてみて、プロセスの中で仮説・検証を繰り返していく。大切なのは理論を知っていることではなく、実際に機能することなのです。

■Disobedience over compliance
多くの学校・企業では指示通りに動くことを賞賛しますが、そこに学びは生まれません。現代において大切なのは、フラットな視点で権威を疑い、本質を考えていくこと。それがイノベーションの原動力にもなるのです。従順よりも小さな反抗を賞賛するべきなのです。

■Emergence over authority
AIの時代は、社会的に認められた権威・権力よりも、現場や市井の人々の間から生まれてくる新しい変化、つまり「創発」が重要になります。10代の起業家が続々と生まれているように、大人よりも子どものほうが大量の情報を素早く見つけ出し、思いがけない発想を生み出しています。注視すべきはトップダウンではなく、ボトムアップなのです。

■Learning over education
学びは自発的なもの、教育は与えられるものであり、本来は性質が異なります。しかし、私たちの中には依然として「教育システムがないと、学びは生まれない」という意識があります。教育システムに拠らなくても学びを生むことが可能な時代は、すでにやってきています。大切なのは「何を学ぶのか」ではなく、「どのように学ぶのか」なのです。


わたしの今の信条は伊藤さんが指摘するAIそのもの合致しています。しかし、自分の会社のなかは完全にBI,Before Internet。AIとは180°、ちがう空気が流れています。とっても、ストレスがたまります。

しかし、私の世代はBI生まれのAI育ち。どこかに、BI世代のいっていることに盲従してしまうところがあります。きっと、幕末に生まれ維新を経験し、明治を切り開いてきた世代の人たちの気持ちって、こういう気持ちなんでしょうね。三つ子の魂、100まで。子供のころしつけられた観念、価値観をすべて捨て去り新たな価値観を創造し、それに従うこと。理性的にはわかっていても、心情的には動けないところがのこります。。。。
AIネイティブがうらやましい。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.15

Macportsの出番でした。。。

20131215shadow


OSXをMavericksに上げてから上手く動かなくなったImageMagick.
これまでほっておきましたが、今日は時間がとれたのので解決に向け、頑張ってみました。

こういうときこそ、まず、ソースから始めよ。
./configure&make&sudo make installと呪文をとなえても、うまくいかず、convertコマンドがエラーメッセージとともに戻ってしまいます。

困った!!

藁にもすがる気持ちでMacportsでImageMagickをinstallしてみました。
install中、ImageMagickに必要な他のソフトもインストールされていきました。
だいぶいろんなソフトの依存関係にあるようです。
これだけを自分一人で、./conifgure makeで解決するのは困難です。
個人で調べる時間もないでしょうし、整合性をテストする時間もないでしょう。
OSS同士が複雑に依存し合っていて、スパゲッティー上になっているため、
もう、個々のOSSをソースからbuildしようとしても難しい状況になっているようです。

OSSの場合、OSS間の依存関係を管理してくれるportsのようなものをつかって行かないと活用できないようです。OSSビジネスの生きる道、ここにありそうです。

ありがとう,Portsさん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.09

ココログ10周年おめでとう

Dsc_15951


このCocologも開始して10年になりますか。
わたしもはじめのころからお世話になっているので、このStep2も10年になりますね。
ずいぶんお世話になっています。

blog自体が商売になるのか?そんな不純な動機ではじめたblogでした。

RSSをはじめとするFeedの文化に気づき、いままで、Webサイトを一つ一つ、ネットサーフィンするだけでは、知り得なかった世界を経験することができました。

自分で情報発信することの大切さに気づかせてくれたのもこのblogでした。
決して、とてつもないアクセス数があるコンテンツでないですが、
読んでもらった感想をいただくときには、書き続けてきて、
よかったと思いました。
また、自分自身にとっても、未来の自分への手紙という気持ちで日々の出来事を伝える機会でした。情報を消費するだけでなく、生み出す立場に立つと見えてこなかった、視点、観点に気がついたこともありました。

これからも、このBlogでの活動を続けていきます。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »