« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.28

見えない宇宙


見えない宇宙
ダン・フーパー (著), 柳下 貢崇 (翻訳)
日経BP社

久しぶりにワクワクしながら読み進めました。
ダークマター?、ダークエネルギー?なんですか?
単語として聞く機会が増えてきた言葉だけど、なにものなのか?なぜそんなに騒ぐのか?少しはわかってきました。


2003年2月のWMAP衛星や2013年3月のPlank衛星の観測結果のによるとダークマター、ダークエネルギーの割合は以下らしいのです。
Planck_cosmic_recipeshadow
見える物質(バリオン) 4.9%
ダークマター     26.8%
ダークエネルギー   68.3%


まず、ダークマター。
ベラ・ルービンの1950年の論文や1977年の論文、1933年にフリック・ツビッキーの論文によると、光学的に観測事実として、銀河系の回転速度と恒星分布が不一致なこと。剛体の回転運動であれば、回転速度は中心からの距離に比例する、太陽系の惑星のようなケプラーの法則にそった回転運動であれば、距離の二条に反比例する。実際の観測結果は、これらの合わせ技らしいのです。なにか光学的観測では観測できなかった物質がないと説明がつかない、というわけですな。

ダークマターの正体をみつける、ダークマター狩りもだいぶ進み(CDUSプロジェクト他)、その候補はだいたいわかってきたようです。
ニュートリノ:カミオガンデで知名度UP
MACHO :木星のような巨大惑星、白色矮星、ブラックホール
WIMP  :蝶対称性理論が予測するニュートラリーノ
アクシオン :強い相互作用のCP対称性を説明するため必要な粒子
とくに、WIMP探しに気合いが入っている昨今のようです。

一方、ダークエネルギーは、天文学の標準光源であるIa型超新星の赤方変異を詳しく調べると、宇宙は減速膨張しているのではなく加速膨張しているらしいのです。以下はカリフォルニア大学バークレー校のデータ。直線が等速膨張なので、右下が減速膨張、左上が加速膨張を示すモノ。データ、すこし左上にあがっていますよね。(S. PERLMUTTER et al,Astrophysical journal,517,565,199)

Fg1shadow
これ、なにか斥力を発生させる源がないと矛盾するわけです。これで、ダークエネルギー登場なんですね。まだまだ状況証拠レベルのようです。

ニュートンの重力理論を修正しようとしている人たちもいてMONDと唱えているひとたちもいるようです。多くの物理学者が理論的に予想し、標準理論を超え、超対象性、超重力、そして紐理論の出番を必死に事件的に捜しているみたい。宇宙の偏狭に生を受けたちっぽけな存在が身の回りの世界のみえかただけで、必死に、世界そのものを理解しようとしている姿は美しいです。2011年のノーベル物理学賞もダークエネルギーに関するものだったんですね。今後の進展がおもしろそうです。
吉田さんの本で、この夏、本格的に勉強してみるかな。


Dsc_1497shadow


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.07.15

農とIT。。。

Dsc_1479shadow


最近農業に対するITの活用を紹介する記事を目にする機会が増えてきている気がする。
日本のITも展開する新領域がないあまり、ついにITに手をだすようになったのか?と考えたこともだったが、どうやらそうではないらしい。
オランダ大使館発行の「日本農業のIT化に関する報告書」を読んで目が覚めた。

”Netherlands (has.): 4 mil., farmland; 200,000, protected horticulture; 10,000. It produces 800,000 tons of tomatoes or 60kg per sq. meter.
Japan (has.): 38 mil., farmland; 4.5 million, protected horticulture; 50,000.
It produces 700,000 tons of tomatoes or 20kg per sq. meter.
Protected horticultural harvest per unit area in the Netherlands is by far higher than that of Japan.”

トマト生産性が、オランダが1平方メートルあたり60kgなのに対し、日本は1平方メートルあたり20kgしかないというのだ。これほどの差があるのはなぜなのか?
一つの差は、栽培方法にあるらしい。その栽培方法がITを利用している「養液土耕栽培」という方法らしい。


大塚製薬のグループ会社である大塚アグリテクノ株式会社によると、培地の上に点滴チューブを配置して液肥を均一に潅水施肥する栽培方式のようで、点滴により潅水と肥料を供給するので、
・過湿になりにくく、根圏の酸素不足を軽減
・過度の乾燥状態になりにくく塩類の濃度上昇を軽減

この液肥の濃度をリアルタイムに計測し、給水の中の液肥濃度を自動的に制御する部分にITを使い、オランダやイスラエルが農産物の生産性向上に成功ているらしい。

これとは違う例がWiredJPでも紹介されていました。
"ソフトウェアが農業をのみ込み始めた:業界変革に挑むIT起業家たち « WIRED.jp"


今、農業へのIT適用が熱いのでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.14

Eyeo festival 2013

Dsc_1482shadow


3連休の中日。少し時間があったのでEyeo festival 2013で公開されたCasey Reasのプレゼンの様子がViemoに公開されていたので見てみました.今年は6月5日〜8日、米国ミネアポリスで開催されていたようです。


毎回、このイベントでは、ソフトウエアをアートに融合させる様々な試みが紹介されています。

表現することに長けた芸術家たちがソフトウエアつかうと何ができるのか非常におもしろいです。ソフトウエアが彼らのためのマスキングテープや絵筆になりえるのでしょうか?少なくとも、そういうことを試みている人がいることはたしかです。
repetition,recursion,parameterization,transformation,simulateを基本作業としてデータを可視化する試みが続いています。

芸術とは、ある意味、人の脳が得意なパターン認識を活用した活動にようにおもう。
大量のデータを処理した結果を人に認知させるための方法として、このパターン認識をビジネスに生かす事ができないだろうか?

遊びだろうが、そうでなかろうが、このソフトウエアと使ったアートには可能性を感じます。そういう意味で、このeyeo festivalの場でのプレゼンテーションがおもしろいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.13

風のある風景。。。

A0070133_18145123shadow


Fablifeの著者である田中浩也さんが引用していた
いきるためのメディア―知覚・環境・社会の改編に向けて「いきるためのメディア」を読んでみました。メディアというキーワードを中心に活発に活動されている
人たちが記載した論文集でした。中でも坂倉杏介さんの論文「人と環境のあいだに生じるイマジネーション」に共感しました。

無意識に環境の中の音、景色のなかに溶け込んでいるとき何もしていないことではない、その人の内部で感情の創造が行われているという記述。
たしかに、論文の中で紹介されていたLivingWorldの益子での活動「風のある風景」の様子をみていと言わんとするところがなんとなくわかりました。

気持ちいい風、風にたなびく竹林、くりかえす渚の波そういう風景の中に溶け込んだとき、心に何かが生まれている気がします。

もう一度、気持ちの良い風にめぐり合いたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »