« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.23

ソースと共にあれ。。。

Favicon


年末になり、年度末決算や来年度の予算策定の仕事がはいってきました。
そこで、業務で販売している商品の売れ筋を調べてみました。だけど、どうにも感覚的につかめません。可視化しよう!と、おもいました。

まず、参考にしたのがGoogle Chart.その中に、TreeMapというのがありました。

ふーん、と思ったのですが、どこかでみたことのあるチャート。
そう、会社のPCのディスクの利用状況を見るために入れているソフト「WinDirList」の出力するチャートにそっくりでした。
このチャートは、まえに読んだ本「ビジアライジング・データ」に教えてもらったチャートでした。
この本で紹介されいるProcessing を使い、商品の売れ筋をTreeMapで表現してみることにしました。
道はかなり、厳しいです。

1)対象データをどのようなデータ構造に落とすか?
2)構造化したデータをどのようにProcessingでをつかって処理するか?
3)Processingでそのデータをどう表現するか?

最後の3番目は、本「ビジアライジング・データ」にサンプルプログラムがあるので、簡単なんですか、問題は1と2。
3の道筋がみえているので、2に取り組んでみました。
カテゴライズされたデータを取り扱うのでXMLがいいかなと判断し、参考にしたのが、ProcessingのReferenceに記載さえているXMLelementのサンプルプログラム。ところが、このXMLelementのサンプルプログラムが、私のMac上のProcesingでは動きません。
Processingを最新版にしたのですが、この最新版、「XMLelemntをサポートしなくなったから、XML classをつかって」とのこと。でも、ProcessingのXML classのサンプルソースが動きません。

こまったもんです。

そこで、こんなときは、まずソースよりはじめよ。

processingのソースコードを持ってきて、自分で読んで、XML classをなんとなく理解し、Processing Forumにあがっていたサンプルを参考に、自分でサンプルソースを書き換え、やっと、単純なサンプルソースを動かすまでできました。


Dec17a


わかればたいしたことないこと。


困ったときには、ソースに戻れ。

May the source be with you


これ、入社直後に先輩から仕込まれた言葉でした。
久しぶりに、ここまで戻りました。
いやいや。


まだ、道半ばのまま年を越すでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.04

スマートTV?

Dsc_0098shadow


我が家にもTVのハードディスクレコーダがあります。
ハッキリ言って、大活躍しています。かみさんの好きな水谷豊さん主演の「相棒」、こどものすきな日テレ「嵐にしやがれ」、毎週かかさず見られるのもハードディスクレコーダのおかげです。でも、ハードディスクの容量がすぐ一杯になってしまいます。

いっそ、TVコンテンツを配信する、利用する、TVというコンテンツの制作、配信、利用というすべてをネット化してみてはどうなのでしょうか?
ネット化というものの本性を考えると、どうも、ストーリーが見えてきます。ネット化されたものは、そのものの媒体や装置の形状を解体し、そのもののもつ機能のみを抽出しネット上に展開する性質があるように思います。アマゾンがおこなった書店という機能のネット化、Appleがおこなったレコード店というもののネット化、そして現在、eBookなど本媒体の電子化。その延長としてTV、動画コンテンツの行方が気になります。

かみさんと、冒頭のハードディスクレコーダのおかげを会話していたら、かみさんの知り合いに、すべてのTV局の放送を24Hすべて録画し、録画済みの番組のみ自分で選んで見ている人がいるとのこと。そのことを、会社の同僚にはなしたら、ハードディスクレコーダをそのようにつかっている人はけっこういることがわかりました。

そこで、閃きました!

クラウドTV

いっそ、このハードディスクレコーダの機能、ストレージ領域をクラウドストレージに展開し利用することできないものなのでしょうか?でもこれって、NHKオンデマンドアクトビラとの差は?
TSUTAYAはどうなるんでしょうか?NetflixというアメリカのTSUTAYAがガンバってっているようです。
ハードディスクレコーダーのクラウド化という観点からすると、製作する側、配信する側でなく、利用する側が主体的にコンテンツを収集し、編集し、利用するための仕組みがクラウド側においたらどうなるだろう?と、言うところが違いそうです。きっとそんなことにひらめき、考え、実装している人たちはたくさんいるんでしょうね。GoogleTVとか。おお、古くはWebTVなるものもありました。ちょっと、おもしろい動きがある気がしてきました。

追伸
Techchurchも「テレビの将来はクラウド化」といっていました。

追伸その2
こういうアイデアは、スマートTVっていうんですね。
日経で元Google社長の村上さんが特集記事を書いてますね→記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »