« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.21

梅にうぐいす?

Dsc_5151

いよいよ、近所の梅の花が咲き始めました。
メジロも梅の木のまわりでみかけるようになりました。

春が来ました!!

メジロ、羽が鶯色なのでウグイスと見間違える人もいるんじゃないかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.19

シアトル訪問記(その5)

Dsc_5136


さて、Redmond訪問の目的を果たさねばなりませんね。
今回、Rdemondを訪問したのはマイクロソフトさんとFace to Faceミーティングを実施するためでした。

広いキャンパスのなか、とあるbuildingに向かいました。
通常は、コミューターバスで通勤している人もいるようです。
Dsc_5145
Images


やはり、コミュニケーションの効率は対面討議に勝るモノはないですね。メール、電話会議でコミュニケート澄みなのでお互いがどんな人間かわかっていたつもりですが、いざ、会ってみると意外と良いやつだったりすることがありますものね。

マイクロソフトは、仕事をするのに良い環境ですね。
ひとことでいうと、燃えます。

まず、なんといってもコーヒーがおいしいです。
地元スターバックスのコーヒーを、毎回、豆からひいてくれるVending Machineがどこにでもあります。いくらでもタダで飲めるんです。それだけでも幸せです。
Coffeecup_thumb

今回2日間で計5つのセッションを実施したんですが、毎回、メンバーが入れ替わるんですが、いろんな人種の人たちと会話できました。インド系、ブラック系、ラテン系、アイルランド系、そして中国系、マレー系など、いろんあ人種の人たちが一つの会社の中で、一つのプロジェクトの成功のために努力している姿に感動をおぼえました。
日本にいるとどうしてもガラパゴス的考え方になってくるのは、けっきょく、日本に日本人しか以内からではないでしょうか?
けっきょく、価値観の違う人間同士が、お互い議論し合いながら、強い製品、サービスを作り上げている会社に対し、基本的に同一な価値観の人間達が創る製品、サービスでは、その変化への対応性、器の広さがちがってくるものですね。

訪問させていただき申し訳ないのですがマイクロソフトさんの製品には、それほど、興味をもっていませんが、この会社の仕事のスタイルには憧れます。

ダイバージェンスだとか、国際化だとかいっていますが、そんな上っ面だけでは、もう、外には勝てない時代なんだとおもいます。
日本に帰ってきて、京浜東北線の中で、乗客の肌の色がみんな同じ、そして、同じように携帯をにらんでいる姿は、逆に気持ちがわるかったです。


Dsc_5140

そうそう、Redmondの夕方、マウントレーニアが遠くに見えました。富士山そっくりの成層火山のようです。シアトルに移植した日本人移住者がタコマ富士と名付けたのもよくわかりました。シアトルはこんなに晴れるのが珍しいところだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.14

シアトル訪問記(その4)

Vseawa55092565_id171588_guide_inclu

さて、Matt'sは、オイスターつまり牡蠣で有名な店でした。
シアトル近在って海産物がおいしいそうですね。
さて、Matt'sにはいると、キレイなお姉さんに案内され、眺めのいいブースにすわれました。我々が入ったときは日曜の昼下がり、ファミリーレストランのような雰囲気です。それほど混雑しているわけでもありません。
隣には、小学生高学年くらいのおねいちゃんが両親とレストランで食事をしています。まるで毎週末の自分の家族の風景です。向かいでは、幼稚園くらいの子達が、おばあちゃん、おかあさんとお食事会していました。のどかな風景でした。
休日の昼に子供づれでくるように近所の人の信用が高い店なんでしょう。


Dsc_5124

さて、私は、サーモン入りタコス、本日のスープ、そしてパンをオーダーしました。
このタコスおししかったです。
むろん、サーモンが美味しいですしつけあわせのレモングラスが爽快感を醸しだし良い感じでした。

Dsc_5126

話は、前後しますが、行きの飛行機の中でGパンのボタンが飛んでしまいました。そもそも、私がメタボ予備軍なのがいけないのかもしれませんが、ボタンが糸で縫い付けてあるGAPジーンズだったので、私のおなかによる酷使にたえられなかったのでしょう。どうしようもこまったので、Redmond Town CenterにはMARC'YSでリーバイスを買いました。ジーパンは日本よりも米国の方が安いですね。値札を見ていただくとわかりますが、これプラス、いやマイナス、バーゲン中だったのでけっきょく34ドルでGパン一本かえました。日本では考えられません。
みなさん、米国おみやげにGパンはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11

シアトル訪問記(その3)

さて、Tacoma空港からRedmondにタクシーで移動です。
途中、湖畔の向こうにマイクロソフトさんの上級幹部社員が住むという豪邸を左に見つつ、庶民の我々はまっすぐRedmond Town Center内にあるHotel Marriottに向かいました。
Dsc_5129
ホテルのレセプションから先は、世界中どこにいっても同じプロトコルなので、なんの不自由なく自分の部屋に迎えました。若かりしころ、いろんな所、いろんなホテルを回った経験がこんなところで役に立つとは思いませんでした。人生なにごとも経験ですな。


Dsc_5123_2
部屋は広々としており、清潔で、ベッドもひろく、いい住み心地でした。この3日間たいへんおせわになりました。

ただ、この部屋、アメニティに歯ブラシが着いていないんです。
なに?

と、おもいつつ、一階に下りると売店があったので、そこで、歯ブラシと歯磨き粉を買いました。
Img_3519
この歯ブラシ、サンスター製なんですけどね超ビッグ!!
帰国してから自宅の歯ブラシと比べてみましたが、如何にアメリカ人の口が大きいか驚きです。なんか、自動車のタイヤをあらうブラシで歯を磨いている感覚でした。このMade in US歯ブラシ、家ではお掃除用に重宝しています。

さて、一息ついて、ちょうどお昼です。
あまにおなかはすいていなかったけど、まずは腹ごしらえということで、行きの飛行機の中で隣に座った方に教えてもらった
「レストランMatt's」
にいっていました。この店、自分の中では、星五つでした。
Dsc_5133_2


なにが、星五つ?
まあ、次にご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.08

シアトル訪問記(その2)

Dsc_51211


成田からシアトル近郊のタコマ国際空港に着きました。
今回、最も収穫があったのは、行きのデルタ航空の機内での会話だったかもしれません。私の席の隣に座った人が同業種の方で、シアトル出身の方。ある意味、同じ職場から出張しているのと同じ感覚で会話がはじまりました。
したがって、二人の間で、日本のそしてシアトルの業界ネタ、シアトル地元ネタで、もりあがり、飛行機に乗っていた時間、計9時間弱のうち、4時間は二人で、英語で話し続けました。いい話ばかりでした。おかげで、シアトルについてからの食事の場所にも困りませんでした。
気がつくと機内では、こういう会話をしているモノどうし、けっこういました。
そういえば、G.クルーニ主演の映画、マイレージ・マイライフでも、機内でたまたま隣に居合わせた人と主人公が知り合いになるシーンがありましたけど、ちょうど、そんな感じでした。

Android携帯も大活躍でした。飛行機が着陸し、Xperiaの電源を入れ直すと、選択できるキャリアにAT&Tが表示されます。AT&Tを選択してしまえば、あとは、国内と同じように使えます。これば、便利。まさにクラウドさまさま。

入国審査はかなり厳重でした。
審査官:何しに来たんだ
私  :マイクロソフトと打ち合わせにきたんだ
審査官:どこにとまるんだ、いつまでいるんだ
    おまえはどこにつとめているんだ
私  :わたしは、xxxにつとめています
審査官:そんな会社はしらない、なんだ。
私  :だから、x、xのような会社です
審査官:わかった。手をここにおけ、ここをみろ。
    ※バイオメトリックス認証情報を採取されました
わけのわからない質疑応答ののち、無事、入国を許可されました。


そうそう、
タコマ空港内のトイレでおもしろいモノを発見しました。
男性用トイレの中に「@」の印が書いてあるんです。
Dsc_51221

なんですかね?


私は、これは、ターゲットゾーンの印と、おもいました。
ここを狙え!!
いやいや、なかなかいいアイデアです。

さて、でるものをだして、
いよいよ、アメリカでのドタバタ劇、始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07

シアトル訪問記(その1)

Dsc_51201_2


ご無沙汰しています。

先週から社用で、シアトルにある会社とミーティングをしてきました。
これから数回その道中記を掲載します。
しばし、おつきあいを。

シアトルにある会社?
といえば、みなさん、スターバックス、アマゾンそしてマイクロソフトをおもいうかべるでしょうね。そうです、マイクロソフトさんを訪問してきました。

なので、私がそういう業界の人間なのかもバレバレですね。

今回は、デルタ航空を使いました。
写真は成田空港にて、デルタ航空カウンタでチェックインをした直後。
あまりハッキリわからないかもしれませんが、チェックインが完全セルフだったんです。デルタの社員が受け付けません。本人にチェックイン画面をさわらせます。まるでJALやANAなみの自動化、省力化が進んでしました。

久しぶりの成田でしたので、売店も新鮮でした。とくに、無印良品GOがありがたかったです。替えの靴下もちょっと足りなかったし、ホテルにスリッパがないことも聞いていたのですが、鞄にいれるのも忘れていたので、どうしようかと悩んでいたところでした。これらは無印良品に助けてもらいました。

また、今回、出張前の新年会がたたったせいか、風邪気味で悪寒のする状態でした。薬屋さんもありがたかったです。風邪薬、こんな時に大助かりでした。

さらに、時代を反映し、成田の中は無線LANが使えるんですね。
チェックイン後、どうしても生まれる手持ちぶさたの時間を、Androidとともに有意義に過ごせました。


さて、DL296便に搭乗です。
いってきまーす!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »