« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.31

Processingでスケッチ

Sketch_dec30a


ご無沙汰しています。年末年始休暇をもらい、ようやく自分で自由に使える時間ができました。

最近DIYプログラミングに再挑戦していました。プロセッシングというIDEを使った、大量データ可視化への挑戦です。ようやく、そのプロトタイプができました。
いやいや、けっこう苦労しました。

もう手が動きませんな。


ここ数年、プロマネ系の仕事ばかりだったので、プログラム仕様を考える機会が少なくなり、なかなか手が動かず、苦労しました。なんか、プロ野球を引退した元選手、現コーチの気持ちがよくわかりました。けど、非常にサッパリした作品にできあがりましした。

Processingは周辺がかなり用意されているので、データの可視化のためのデザインそのものに費やす時間が生まれ、助かります。

ここまで、Processingの生みの親、Ben Fry著書をかなり、読みました。彼の情報デザインを実行するプロセス、かなり参考になり、ちょっとは体得出来ました。
大量のデータをデータのままでなく、人間が利用し、判断に使うためには、もっともっと、データそのものを再加工していく事の重要性を痛切しました。

Public Deviewは、まだまだ、先です。
・処理の精緻化
・データと人間のインタラクションの導入
・3D化
・もっともっと大量のデータを処理できる方式への変換
などなど、まだまだ、やることありますな。

がんがろ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »