« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.25

アンドロイド携帯(その3)

Android_vectorthumb


ドコモのアンドロイド携帯を使い始めて一週間がたちました。
イイ感じです。
この携帯、だんだん手になじんでくる、
そういく気がします。
取っつきにくいけど、つきあってみると、
なかなか味のある奴、そんな感覚です。


まず、デバイス自身の大きさ。
手に持った感覚がちょうどいいです。
昔、Palmを使っていましたけど、
そのPalmサイズのデバイスって、
人間の身のサイズというか、いい関係。
大きすぎず、小さすぎず。

さらに、今時の携帯、正確には3G携帯って、
パケット通信が7.2Mbpsもでるんですね。
いつの間に、携帯はこんなに進化していたんだろうと、
驚きました。
会社支給の旧式携帯でノロノロメールしていたのが
とおい昔のようです。
パケット通信でも、画面がすとんと
落ちてくる感じ。PCと遜色ないです。
そして、来年にはLTE(Long Term Evolution)3.9Gの時代が
くるんですからね。
もう、有線LANがいらなくなるのかしらね。

CNETでは、Andoroid vs iPhoneがあって、1:2くらいの
スコア差がついていたけど。人それぞれですかね。
けっして、悪くないと思いますよ。
でも、この携帯、もらった携帯だからかな。
初期投資3000円だもんな。

もちょっとしたら、
フルブラウザのアンドロイド携帯と
Google App Engineを連携させて、
遊んで見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.16

アンドロイド携帯(その2)

Android_vectorthumb


昨晩は、Googleに接続できないGoogle携帯のまま。
お馬鹿な買い物をしたなと、落ち込んでいました。

今日、だめもとで、
会社帰り、近所のDocomoショップによって
店のお姉さんに、Google携帯の設定状況を確認
してもらいました。
Docomoショップで買った携帯ではないのに、
非常に親身に対応してもらいました。
「あのー、もういいですよ。
 あとは、自分でなんとかしますから。」
「いえ、Google携帯なのに、
 Googleに接続できない携帯では、
 意味がありませんから。」
そういう、やりとり。
お店が閉まる時間を過ぎても
対応していただきました。
ありがとうございました。

でも、
「どこも問題ないです。やはり、この携帯
 Docomoでお買い上げになられた、携帯でないので
 動作は保証しかねます。」
との、説明。
そりゃそうですね。私でもそう、答えます。

やっぱり、だめなのかな、とほほほ。
と、とぼおとぼ、家路につきました。

ところが、
Docomoショップのお姉さんが、バックヤードで
おそらく、サポート部隊と悪戦苦闘している間、
拝見していた、HT-03Aのパンフレットに
記載してあった、
mopera-Uのアクセスポイント名が、
なんか、端末に設定してあるアクセスポイント名と
異なるのが、私自身気に掛かってきました。

試しに、
その、アクセスポイント名を
0120.mopera.netからmopera.netに変更してみました。

じゃーん!!

みごと、Googleに接続できました!!

なんのことはない、
mopera-Uのアクセスポイントの設定ミス

mopera-UのWebページを
熟読、精読して、意味が分かりました。
用途に応じて、アクセスポイントを
使い分ける必要がありました。

1.初期設定を行う時
アクセスポイント=0120.mopera.net

2.通常パッケット通信利用の時
アクセスポイント=mopera.net

これは、わかりずらいですね。

これが、分かってから、Google携帯のたるサービス
検索、Gmail,Calendarの同期が始まりました。
なかなか快適です。

おかげで
andoroid-SDK
andoroid-Google-User-forum
の存在を知りました。
手のかかる子ほど、いろいろ新しい事を
教えてくれます。

iPhoneとは、違う世界が広がりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.15

アンドロイド携帯?

会社が社有携帯の利用形態にうるさくなってきたので、
もう一個、My携帯をもつことにした。
けど、携帯電話って、すごく、高い。

ひとつ、思い出したことがあった。

6月、横浜での、Google Developer Day。
私自身は行けなかったので、後輩に行ってもらっていた。
そのとき、Googleさんからアンドロイド携帯をもらっていた。
後輩に譲ったつもりだったけど、つかっていなかったので、
譲ってもらうことにした。ごめんなさいね。

Docomoさんで、
新規契約し、携帯として、電話番号はもらった。
Docomoさんには、さんざん、なにも保証しませんからね
と、釘をさされていたけど、そんなばかな。
と、おもっていたけど、いろいろ起きている。
まず、インターネットにつながらない。
Google検索ができない、Google携帯って、
なんだべな?


手のかかる子ほどかわいいというけど、
すこし、この子を究める時間が必要なようだ。
来春、Docomoから新型Andoroidがでたら買い換えか?
それとも,iPhoneか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.11

生物多様性は必要だ!!

255pxstreifenhoernchen


生物多様性について、もう一言。

生物多様性、生態学の言葉で、キチンと表すと、
以下、3つの面をもっているらしい。
・種の多様性
・生態系の多様性
・遺伝子の多様性

種の多様性
いろんな生き物が地球上に存在するということ。
ふつうの人が気にしている生物の多様性の変化というのは、
このことかな。
しかし、本当に種が減ってきているのだろうか?
確かに、大型動物は、その活動領域が、狭くなり、
存亡の危機かもしれない、シロクマしかり、虎しかり。
生物連鎖の上に位置する動物の方でないか。
では、ミジンコ、プランクトン、もっというと、ウイルスは
どうなんだ?
そんなこと、みんな、あまり気にしていないのでは?
その一方で、エチゼンクラゲが大発生しているし。
地球上で種ごとの個体数の比に変化がおきていることであり、
生物全体での種の数を数え上げると、多様性が減っている
とはいえないのではなかろうか?

生態系の多様性
さまざまな環境があること。
これは、確かに人間の活動が、この狭い惑星を、
短時間に変化しすぎているようにおもう。
いったいこんなに短時間にエネルギーを消費して
惑星中をのし歩く、権利を誰がもっているのであろうか?
ただ、人がすめない生態系が増えているだけであり
環境の種別自体は増加しているというのであれば、
多様性という面では、失われているわけでない
と、いえないか?

遺伝子の多様性
それそれの種の中でも個体差があること。
いつでも食べることができるトマト、りんご、きゅうり。
最近の食卓に季節感が少ないこと、確か。
さらに、食材のバリエーションも地域、季節によって、
少なくなってきていることも確か。
それがために、ちょっとの環境の変化にも、適用できない
遺伝子タイプの生命しか残っていないのであれば、
これ、けっこう重大な事かも。

しかし、そもそも、生き物とは、
動的平衡の上に、与えられた外的環境に働きかけ、
バランスをとって、活動を継続していくもの。
植物であろうと、動物であろうと、
みごとに環境に適用していくために変化、進化していく
とてつもないダイナミズムをもっているもの。
そんなパワーがあるのであれば、
生き物、そう、やわじゃないのではなかろうか?
人類自体は、すぐ滅びてしまうかもしれないけど。
この地球上に、生命体がゼロになることは、ありえないとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.08

生物多様性って必要なの?

275pxblue_linckia_starfishjpg

新聞の紙面を騒がせている言葉、今の小学生も知っている言葉に、
生物多様性(biodiversity)」がある。
2010年10月、名古屋で
「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)
として、国際会議も予定されている。


CO2が増え、地球は温暖化に向かっている。
地球上で、生物の種類が減っている。
だからなに?
いけないことなのか?

気持ち的には、生物多様性が失われていると、
聞いたり、読んだりすると、いやな気持ち、なんとかしなければ、
という気持ちになるが、なぜなのか?どうしてなのか?
本当にそうなのか?自分に問い詰めてみると、けっこう、
いい加減にしか考えていない事に気がついた。

なぜ、生物多様性、を人間はもとめるのか?
なんとなく、自分が生活できない環境に、
地球が変わってしなうことを、怖がる気持ちが、
そうさせるのではないか?

人間、けっこう、地球上のどこにでも住んでいる。
寒いところも、暑いところも。
その環境にあわせて、食べるものを変えてきたのも、
人が雑食性だからではないか?
それが故に、多様な食物を食られなくなることの、
恐怖が生まれるのではなかろうか?

ずいぶん、人間中心の理由しかないように、思えてきた。
地球の歴史48億年からすると、現在の地球のすがたも
数万年前からのもの。始まった頃は、酸素もなかった
世界だったはず。
かりに、これから、地球がその姿を、大きく変えるとしても、
それ自体は、地球本意でいえば、あたりまえじゃないの?
と、いわれそう。
BBCで、いま、人類がこの地球上からいなくなったら
どうなるかをシミュレートした番組があったそうだ。
それによると、500年くらいで、地球上の大規模な都市も
森に覆われてしまうらしい。
人類の存在なんて、そんな、ちっぽけな存在でしかない。


しかし、
ひとは、毎日の暮らしを、それこそ、命がけで、
続けてきている。
その営みのために、食べ物をあたえてくれる、地球。
そのふところの広さに感謝。
と、いうことかな。


話は変わるけど。
今日は、立冬。
あっというまに冬になった気がします。
先週が、ハロウィンだったから、次は、クリスマスでしょ。
と、街の風景は、あっという間に切り替わっているけど。
自分自身の気持ちの切り替えは、まだまだ。
かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.01

声をかけられて。。。

L22_17


今日、区役所の前を家族で歩いていたら、
知らない人に呼び止められました。

「すみません。」
「ちょっと、こっちにきていただけますか?」

よく、道ばたで道を聞かれたり、
駅で乗り換えを訪ねられたり、
することが多い私。またかな?


呼ばれた先には、
若い女性が、A4程度の紙をもっていました。
あれ、なんか、新手の押し売り?
と、おもって、その紙をよくみると、
彼女の手には、「婚姻届」。

「すみません、このデジカメで、
私たちを、撮ってもらえませんか?」
との、こと。
な〜んだ、とっても、おめでたいこと。

お二人、本日、この区役所に婚姻届けを提出。
デジカメの画面越しにも、幸せたっぷりの
笑顔が写っていました。

おふたりとも、末永く、おしあわせに。

しかし、
いつでも、どこでも、だれからも、
声をかけられる私。
新橋で、黒人さんに英語で。
ニースで、フランス人にフランス語で。
大阪で、関西人に関西弁で。
聞きやすい顔つきなんだろうか?
私の顔って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »