« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.25

横浜港の開港150周年!!

昨日は、横浜港の開港150周年を記念して、5月から開催されている
横浜博Y150に行ってきました。
Y1501_2




もう、夏休みも終盤なので、会場、ほどほどの混み具合。
まったく、がらがらというわけでもなく、良い感じで人の出がありました。
今回は、このビックカメラさんからの招待券が2枚あったので、
かなり、お安い費用で、一日満喫させていただきました。


まずは、みなとみらい線は日本大通りで下車。
駅から地上にでると、なんかたくさんの人だかり。
昨日は、トライアスロン2009世界大会@横浜の男子の部。
いやはや、こんな場面に遭遇するとは。ちょうど、RUNの部で
選手の皆さんが、走りすぎるのを、見ていました。
速いです。これで、スイムもバイクも済ました後とは、
信じられませんでした。
ボランティアさんが配っていた大会リーフレットを読むと
どうも、子供の部もあるようす。信じられません。

横浜博にあわせて、日本大通りの周辺もだいぶ、整備したようですね。
横浜港の横浜港たる、象の鼻の部分がしっかり、きれいな会場に
生まれ変わっていました。
ここから見る、大桟橋がなかなか絶景でんな。

赤レンガ広場にあった、オーストラリア産純正SiO2の砂浜で
しばし遊んだのち、Y150トゥモローパークからY150はじまりの森へ。
この森に、いたいた、La machine.
デカイです。
ちょうどお昼時だったので、黒船レストランに入り、
食事をしながら、La machineの勇姿を拝見。
ここまで、やるお馬鹿さんに脱帽。結局、よく見ると、
田舎のお祭りの山車だけど。ここまで、こらないもんな。
さすが、France.
ここは、日石がスポンサー、一郎君もいました。
次が、日産村、Y150ドリームフロント。電気自動車を来年走らせる、
という、日産さんの意気込みがかんじられました。
電気自動車のコンセプトカー、ピボ、かわいいです。
だけど、実用的。
電気自動車なので、四輪が独立したモーター駆動。
縦列駐車が大得意。だって、横に動くんだもん。
ガソリンスタンドならぬ、電気スタンドがあらわれる日も近いの
かしら。一葉、今から出来る、環境貢献を一言記入。
「むだな、エアコンはこまめに消すことにします。」と。

会場のあちらこちらにあった、ドライミストの装置が
心地よい冷気を運んでくれて、気持ちがよく、
むしむしするお天気だったのに、会場は、すがすがしいでした。
きっと、明日の未来も、こんなすがすがしい、環境にやさしい
未来なんでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.22

お久しぶりです

ここ2ヶ月、会社の研修にべったりで、ほとんどプライベートタイムをもてませんでした。
ようやく、その研修ももどり、こうやって、ブログを書けるようになったけど、
いまだ、発想の泉は仕事モードです。
今回は、その研修の中で、使った資料をご紹介
以下のように、いわゆる、技術戦略論的な書籍ばかりですが。

1.アントレプレナーの教科書
UCB,Stanfordで超人気講座の先生、
スティーブン・G・ブランクの著書
新規事業を成功させるための顧客獲得ハウツー便本。
いままで、製品開発が完了すれば、すぐ売りに入れると、
信じてきたけど、そんなことはなく、
顧客すら、市場から開拓しなければ
ならないこと、その開拓顧客も、
つど変わっていくことを、教えてくれました。
とっても、ありがたい本。
感謝。


2.ブルーオーシャン戦略 W・チャン・キム
みんなと同じ事をしていても、消耗戦でだれが
はじめに、ダウンするかを競っているような物。
違う土俵で、一人勝つ方法があることを、
おしえてくれた本。

3.オープンイノベーション
ヘンリー・チェズブロウ
経済変化の著しい現代社会では、自社の経営リソース
だけでは、すぐ限界がきてしまう。外部でおきている
イノベーションをいかに自社に取り込むことが大切か
気がつかせてくれた。
オープンソースの潮流もこの流れ。


4.イノベーションのジレンマ
まじめな経営者こそ、事業に失敗することを
教えてくれた本。
真面目な経営者は、段階にデルタを
加えることはできるけど
まったく違う土壌で発生した、
破壊的イノベーションには
太刀打ちできない事。
に、気がつかせてくれた本。
これは、実際には、図書館に予約中。
順番が来たらじっくりよむことにしよう。


そういえば、読書の秋も、もうすぐか。
人によっては、食欲の秋か??


あー、私のこの夏は、どこにいったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »