« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.26

パワポ使いへの警告

近所の公立図書館は、そんじょそこらの本屋さんよりも仕事に役立つ本が充実している。
先日もふと、ビジネス関連の棚を眺めてみたら、本のタイトルに引かれて、借りてしまった。
パワポ使いへの警告 (講談社BIZ)
会社ではパワポを使わない日がないくらい、パワポ三昧しているので、正直ドキッとした。
友人とも、物事を考えるとき、どうしてるか話をした事があったけど、
紙に書きながら、考えてしまうほうでした。
パワポは考える道具ではなく、表現するための道具。
と、割り切ります。

タイトルで人の気を引くだけの中身のない本だろうとおもって
読み出したが、けっこう、正当派の本格直球勝負タイプの著者でした。
パワポの使い方はほとんど説明されていません。

この本に、企画の規格化の手順を教えてもらってから、
確かに筆の進みが早くなりました。
部下に、ものの書き方を指導することも楽になってきました。
まずは、まねをする事から、はじめさせていただき、
いづれ自己流を確立しようとおもいます。
いづれっていつか?は、さておき。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火事だ!!(その後)

マンションの管理組合の臨時総会が土曜の午後にありました。
先日の火災の後始末が主な話題でした。
火元の部屋のかたの報告によると、けっきょくたいした火事でなく
ベランダにおいてあったものが燃えた、ボヤ程度のものでした。
消防署さんも警察署さんもSECOMさんも近所なので
みんな初動がかなり早かったようです。
一安心。


でも、これからのほうが大変でした。
コンクリートは、火に当たると酸性化が進んで強度が弱くなるそうです。
強度強化工事がはいりそうです。
外壁の清掃、コンクリートの補強、壊れたサッシの交換、割れた外壁タイルの
交換と、やること満載です。
うちのマンション、施工後10年たっているので、
サッシもタイルも生産中止品らしく、メーカさんで再生産になるそうです。
まさか、管理組合で職場でみるのと同じ、ガントチャートをみる事に
なるとは思いませんでした。
これから、工事の車両や、職人さんが出入りするようになり
決行、ドタバタしそうです。
火災自体は、いつだれがどんな形で、起こすがわからないので
予防につとめるのみですが、
火災の後始末で、二次災害が起きないよう、年明けまで気が抜けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

火事だ!!

先週、金曜の夜に酔ってかえってきたせいか、土曜の朝、4時頃目が覚めた。
のどが乾いたので、水を飲む。
さて、もう一眠りするか、
と、横になった瞬間、どこかで、防犯ベルが鳴っている。

うん?

まだ、どこかで、誤動作してるんだろう。
でも、なかなかやまない。
どこなんだろう?と、窓を開けた瞬間!!

★!?%*

煙だ。
初めて嗅いだにおい。
すでに、煙が家の前に充満していた。
火事?、火事だ!!

かみさんと子供を起こす。
着替えず、パジャマにサンダルで家の外にでる。
目が痛い。
息が苦しい。

家族を、むかいの駐車場まで避難させたところで、
消防自動車数台が到着。
子供は、チップのぬいぐるみを必死にだいていた。
近所の床屋のおじさんや
子供の友達のおかーさんがでてきてくれていたので、ひと安心。

うちの階?と、おもったが、どうもそうではないらしい。
4階の方の部屋から、黒い煙が盛んに出ている。
火、そのものは部屋の外にはでていない。

マンション前に消防本部が設置される。
マンションの住人にマンションの外に総員退避命令。
住人が着替えておりてきていた。
住人の避難が完了したところで、
警察が、立ち入り禁止の黄色いテープがマンション前にはる。
踊る大走査線のように、「この中は危険ですからはいらないでください。」
と、警察さんの声。
素早い。

火元の部屋の下の階の人たちが呼ばれた。
消防は、これから放水を始めるので部屋が水をかぶるかもしれないと説明。
同意をとるまでもなく、
消防はマンション前の取口に消防ホースが接続する。
早速放水開始!!
すぐ近所に、消防署も警察署もあるので、かなりの人数の関係者で
ごったがえした。

その間、マンション住人は、呆然と、自宅をみるしかない。
警備会社の点呼の声だけがひびいていた。


1時間程度で、鎮火
幸い、延焼もなく、火元の部屋の方も全員無事。


消防から、全員部屋に戻ってよし。との許可がでて
部屋に戻ってみる。
窓を閉めていたのに、部屋中に煙のにおいが充満していた。
そのせいか、
家族全員、興奮が収まらず、消防自動車が、撤収するまで
起きていた。

朝、火元のご主人と奥さんが
各部屋をお詫びにまわられていた。
まだ、いたいたしく、原因もきけず。
明日は我が身かと思うと、責める事もできず、
ねぎらいの声をかけるだけだった。

今週末には、マンションの自治会の臨時総会があり
火災原因の説明と、共用部分の修復計画について説明がある。

家族全員そろっていてよかった。


これから、乾燥した天気が続くようになります。
みなさまも火の用心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.13

nicheでrichなRSS

新しい知識を自分のものにするときに、すでに自分が掌握しているのものから新しい概念に踏み出す事が最近の定石になっている。Perl様にはずいぶんおせわになったけど、これを足がかりにXMLの世界に飛びさす事ができた。そしてみつけたちいさな宝石がRSS.
規格がある意味いい加減なだけに、いろんな世界が広がる。
非常に簡単なXMLなだけに、いろんな人が、いろんな形で、違うname spaceのXMLをまぜあさせてくる。
ひじょうにおもしろい。
RSS自身は、XML界の5H1Hと思っている。
非常に基本的な情報なだけに、組み合わせ自在。料理でいえば、水か、塩のようなものなのであろうか?さて、次はなにと混ぜ合わせようか!!
ある人は、nicheな市場と馬鹿にするが、けっこう奥深いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

ジャンケンってどんな拳法?

閑話休題。
先日、TVで映画を見ていました。お題は、”Wellcome to Mooseport”。ジーン・ハックマンが大統領役、ERのアビー(Marura Tierney)が恋人役、きっとサスペンスものなんだろう、と思って、見ていたら、さにあらず、完全無欠のコメディー!! 小さな町の町長選の話。その町長選の討論会で候補者同士が、順番を決めるのに、ジャンケンをしていた。あれ?、ジャンケンって日本の専売特許だったのでは?
でも、NHK教育の番組「英語で遊ぼう」では"Lock Paper Scissors"と歌っていたから、ほんとに米国で通用するのかしら?
と、不思議に思った次第。
そこは、インタ−ネットの時代。ありがたいことです。
Wikipediaを読めば確かに、ジャンケンの歴史があった。これによると、じゃんけんの歴史もそう古くなく、19世紀後半らしい。漢字で書くと、”両拳”らしい。
どんな拳法なんだろう?あの、ジャッキーチェンにも3分の1の確率でかてる拳法!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »