« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.19

ウィキノミクス

先々週、「ウィキノミクス」しってるか?と、とある時につっこみをうけた。

また、なんかの流行かな?とおもったものの、気になったので本屋さんで買ってきてしまいました。近頃の電車の車中での読書相手。

日本のアマゾンで★x5、米国のアマゾンで★x4。

企業活動において、コラボレーションコストが高かったから、コラボレートは企業内で実施していたが、コラボレーションコストが下がり、かつ、ビジネス変化の速度が上がったので、外部の優秀かつやる気のある奴とコラボレートした方が有益。なんていう話。
PCしかり、ネットワークしかり、仕様、性能の差異がつけられなくなったタイミングで、ドカンと価格が下がる。
オープンソース現象は、OS,ミドルも仕様、性能差異をつけられなくなってきたから、近いうちに、ドカンと価格がさがって、この市場は落ち葉広い企業か、寡占企業のみが生き残る。なんていうもの、聴いた事が有る話。

事象と事象の関係記述に情報としての価値、情報量が存在する。めったに関連しない事象同士が結びつくから貴重な情報。モールス信号が、文字によって、長い符号や、短い符号があるのも、それが理由。なんて、20年前に聴いた気がする。
RSSをはじめ、情報を双方向に結びつける技術、使いこなす世代の台頭があたらしい世界を切り開き始めている。

この本、確かに、中身の深さは別にして、この時期、ちょうど良いネタを提供している本であることは
まちがいない。


構成がこなれているのか、うんうん相づちをうっている自分。本当か?うたがっている自分。
昔はもっと素直に感動していたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.05

Yahoo! PIPES

Oreillyも気にしている、Yahoo PIPESの存在が気にかかる。Y!の久しぶりのヒットかもしれない。
GUIのすてきなエディターでフローを生成していくところが今風か?コマンドインタフェースのほうが融通聴いて好きだぜ、という御仁もいらっしゃるが、ちょっとした個人的が生活を楽しむためのツールであれば、たいした作りのものもいらないはず。
パイプがUNIXの標準入出力の役割をしていたように、RSSがWeb世代の標準入出力をになうのでないか?とすると、Script,/bin,/usr/bin下のコマンドたちがまだそろってきていない。
それらをそろえている事が、競争力の源泉か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »