2018.09.29

PhotoCDをMacで開く

Img_1069

先週、25年ぶりにパリを訪問しました。いろいろな思い出ができたので、25年前の様子と比べてみようと思い、25年前に撮影した写真データを開いてみることにしました。当時、DVDといった大容量媒体は存在せず、写真データは、Kodak社のPhotoCDに書き込んでいました。

数年前、そのPhotoCDをPhotoShopで開いて見た記憶があったので、今回もPhotoshop CCで開こうとしたところ、ファイルを開くことができませんでした。ネットで調べてみると、現在のPhotoshopはPhotoCDのサポートを終了したようです。

困った!

少し調べてみると、PhotoCDを開くことができるソフトがあるようです
■Graphic Converter 10
■ImageMagick

Graphic Converterは、馴染みが深いソフトなんですが、Appstore上で有償購入するしかないようです。しかも4,800円!高いなあ。かたや、ImageMagickはOSS.無償で利用できます。馴染み深さではGraphic Converterに同等、いやそれ以上に使い込んできたImageMagick。ですが、MacOSをバージョンアップした際、再インストールすることはなく放置してきました。今ふたたび、.このMacBookProにインストールして、利用することにしました。

今回は、brewコマンドで一発完。ありがたや。
$brew install Imagemagick
$convert -colorspace RGB hoge.pcd[5] hoge.jpg

さらに、ImagemagickでPhotoCDをJpegに変換し、Photoshopで変換したJpegの参照が成功です。OSS、万歳!OSSは偉大です。

デジタルデータを同一媒体上に数十年間保管し利用する事は、技術革新のスピードがはやいITおいて、難しいようです。つねに、定期的なデータ移行が必要ですね。25年のタイムスケールで実感しました。

MacbookProをHDMI経由でTVにつなぎ、大きな画面で画像を見ると、
迫力があり、当時の記憶がよみがえりました。
かみさんもわたしも顔のずいぶん若かったです。素直な顔をしていました。
25年、長いようで、短い時間でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.19

What's happen on earth in Seattle#6

Img_1012

最後に、"Starbuck Reserve Roastery"を紹介させてください。

Starbuck Reserve Roastery
1124 Pike St, Seattle, WA 98101


Amazon Goからは、歩きで30分くらいだったでしょうか?Pike St.をずーっと登り、ワシントン州会議場を越え、高速道路の上を横断し、プリマスピラーズ・パークのお向かいにありました。プリマスピラーズ・パークからはシアトルダウンタウンが一望できました。
Img_1011


Img_1013
ここStarbuck Reserve Roasteryは、完全な観光地。建物の前では、ここでも中国人旅行者が遠慮なく店をバックに記念写真を撮っていました。本土の人なのか?香港の人なのか?台湾の人なのか?私には区別がつきませんが、おそらく、本土のひとでしょう。Reserveのお店は日本にもあるので、店の様子は、Nitro Cold Brewのコーナーがあったりして、日本と同じですが、ベーカリーのコーナが充実していて、コーヒー以外の食べ物を売るスペースが増えていました。

Img_1015
奥に進むと、下の階に降りられる造りでした。降りてみると、こちらの方がゆっくりできるスペースでした。

Img_1014
カウンターで、スターバックスコーヒーのバリスタと語り合いながら、コーヒーを飲むこともできたのです


Img_1016
もう、疲れ切った私は、ソファーコーナーに陣取り、店員のお兄さんと最小限の相談をして、注文をきめました。CONGO IDJWI ISALAND注文したコーヒーは、コンゴ・キヴ湖に浮かぶイディウィ島でとれたコーヒーCONGO IDJWI ISALAND。詳細は、非公式スターバックスニュースサイトStarbucksMelodyサイトの紹介をお読みください。CONGO IDJWI ISALANDの説明もありました。 
お店のお兄さんがボードに乗せて持ってきました。肝心の味の方ですが、どうなのでしょう。それほど、インパクトのある味ではありませんでした。おそらく、私の体調の問題だったでしょう。コーヒーを受け付ける余裕がなかったです。今度、東京のReserveで再挑戦しています。


奥に進んでわかったのですが、席のそばに大きな大きな焙煎機がありました。
これが、Roastery様なんですね。
よくみると、このRasoteryの周りに階段が出来ていて、ちょっとした見学コーナーになっていました。小学生低学年くらいの男の子がお母さんとローストの様子をみていたので、まぜてもらうことにしました。Roastreyを扱っているお兄さんが子供にRoasteryの説明をしていました。
"このRoasteryからでてる焙煎したての豆はSuper Super hotなんだ”
"ここで、引き回しながら冷まさないと動かせなないんだ”
”あと5分待ってくれ”
と、語っていました。
焙煎された豆は、Roastery横のチューブにのって、Reserveタンクに蓄積されるそうです。そのReserveタンクからバリスタさんのところまでも細い管が伸びていて、そのReserveタンクから、豆を取り出しドリップしていました。

親戚の家で飲む、粉のインスタントコーヒーがコーヒー経験の出発点でした。フリーズドドライでも、ミル済みのコーヒー豆をドリップしても満足できず、今は、手動のミルを使って飲む分だけ、自分で豆を挽き、ペーパーフィルターでドリップしています。やはり、焙煎も極めるべきなのでしょうか?コーヒー経験の世界はもっと奥が深いことを、この店で感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.15

What's happen on earth in Seattle#5

Img_1022

Amazon Goを出て、ちょうど、お昼。お腹がすきました。そういえば、早朝から打ち合わせだったので、コーヒー以外、なにも食べていないことに気がつきました。あれれ、Amazon Spheresの向かいにラーメン屋さんがあるじゃないですか!KiKi Ramenというラーメン屋さん。入ってみることにしました。


This photo of Kiki Ramen is courtesy of TripAdvisor

お店、結構こんでいました。のれんをくぐると、注文カウンターが。そこに若い女の子が立っていました。
"なんにしまようか?"
と、きかれたようなので、
"醤油ラーメンありますか?"
と、聞いても、おねいさん、ぽかーん。
確かにメニューを見たら、SHOYUと書いたラーメンがありません。SIO、MISOは発見。SIOは塩味のことだと類推し、SIOを注文$12.
"トッピングいかがですか?"
と、きかれました。おお、なんか日本のラーメンやさん、ぽいです。
"それでは味玉をおねがいします。"
と、追加。
ラーメンときたら餃子ですよ。メニューにgyozaをみつけたので、
"餃子も追加でおねがいします。"

Img_1021


と、いったら、
"あ、これ、4時からです。"
メニューを読むと確かに4-Closeと書いてありました。
"最後に、飲み物いかがですか?"
と、きかれたので、
"ビールありますか?IPAありますか?"
と、質問すると、2種類くらいIPAのブランドを説明してくれたので、そのうちの1種類をお願いしました。
お会計、$20程度。
注文を終え、"3"と書かれた木札を渡され、座席を探し、アジア系のお兄さんが、一人でラーメンをすすっているテーブルのとなり、Amazon Sphereを向かいに見る席におちつきました。

しばらく、すると、IPAビールとRamenがきました。ビールは美味しゅうございました。IPAだからポップの苦さがまた、いい味なんです。で、Ramenですが、トッピングは、ほうれん草に、ネギに、しいたけに、チャーシュウ+味玉と、確かにラーメン。ですが、スープの味がなんかエキゾチック。塩らーめんのダシの味からちょっとずれています。まずい訳ではない、そうずれているんです。麺は確かにラーメンの麺。ペコペロなお腹は、そんな事に構わず、ズズーっといきました。
Amazon Spheresを向かいに見ながらの、異国でのRamen経験でした。

■KiKi Ramen
2051 7th Ave
Seattle, Washington 98121-2601
+1 206-775-7070


Img_1020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.09

What's happen on earth in Seattle#4

Img_1023

Amazon Goの入り口は、Amazon Spheresの横にありました。Amazon Goとは、Amazon自身が運営しているレジがないコンビニです。自動車の自動運転技術の開発に自動車メーカーさん躍起になっていますが、Amazon Goはそのコンビニ版。あっ、失礼。店員さん、いました。お酒のコーナーの横。法準拠のためでしょう。
※参考:Amazon Goの仕組み 「カメラとマイク」で実現するレジなしスーパー

スマホにアプリをダウンし、アプリが表示するQRコードをゲートにかざし、入場のようです。
ですが、アプリのダウンロードで一苦労しました。
iPhone、いつまでたってもダウンロードが完了しません。利用者、利用地をチェックしているのでしょう?日本人が米国のお店で使うのは変と言えばへんです。
でも、めげません。
せっかく、東京から太平洋を渡ってここまできたのです。
AndroidをつかってGoogle Playからダウンロード、こちらで成功しました。アプリを最初に起動すると、見慣れたアマゾンの認証画面。日本で使っているAmazon IDを登録し、Ready to go。
Android App版のAmazon Goアプリをゲートにかざして、店舗に無事入場です。


2018080911

さてなにを買おうかな?と、迷いましたが、会社へのおみやげを物色することにしました。
商品棚から商品を手に取り、棚に戻しを繰り返すこと数回。商品は自分のかばんの中にいれてもいいようです。が、見渡すと”AmazonGo"と書かれた紙袋があったので、これにいれてみました。
最終的には、
・チョコレートx1枚
・Chip Ahoyx4箱
を、Amazon Go紙袋に入れ、ゲートから退場。
ゲートを出るときには、大丈夫だと、わかっているものの、ドキドキ。
なんか、万引きをしている感覚です。

2018080922_2

数時間後、Amazon Goアプリでレシートを参照できました。
確かに、チョコレートx1枚とChip Ahoix4箱分が購入明細に記載されていました。
あれ、Taxが0ドル。いいんですかね?ECサイトとしてみれば0ドルというのも違和感ないのですが。おっと、店内滞在時間3分47秒と記録されていました。

Img_2176

しくみも気になりました。商品にはいわゆるRFIDタグはついていないようです。
お店の天井をみているとものすごい数のカメラです。どうも、客の行動を画像にとりAIでリアルタイムに行動分析しているようです。カメラ一台毎に専任で監視している人がいて人力で監視していてもわかりません。棚にもなんか、細工がありそうです。商品の重量を計測するセンサーがありそうです。


自動販売機がほぼ設置されていない米国でAmazon Goのような無人店舗が実用にたるのか甚だ疑問ですが、消費者としていままで経験したことがない新らたな経験を提供する空間を提供することによって、将来に夢や希望を持つことができることに働きかる事は、素晴らしいことと思いました。
Img_1024


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.08

What's happen on earth in Seattle#3

Amazonの現本社ビルDopplerの建つ2021ブロックを先に進むと、とてつもなくヘンテコなデザインの建物が見えてきました。金魚鉢が三個並んだような半円球状のガラスドーム「The Amazon Spheres」です。
Img_1010

このドームの中には数多くの植物が生息しているものの、Amazon本社のワークスペースだそうです。グランドオープンは2018年1月。
Img_1467

断面図をSeattleTimesからお借りしました。
Amazonspheresw1560x1449

幸い,ガラスドームの中にお邪魔することができました。中は、そう、アマゾンのジャングル、熱帯雨林の中という表現が最適。当日、外は20℃あるかどうかの涼しい空気だったのですが、ドームの中は、暑く、湿度も高く、蒸しました。
Amazonsphere

たしかに、従業員のワークスペースの様子。みなさん、ドレスダウンしてのびのびと仕事をされているようにお見受けしました。
Img_1005

ドームの中には、こんな吊り橋もありました。けっこう薄い板を張り合わせてできており、歩いている間、けっこう板がたわみます。高所恐怖症気味の私は、ドキドキしながら歩きました。
Img_7372

その分、緑が元気に育っていました。こんなところで植物の世話をする仕事をしてみたいです。実際、植物の手入れをされている職員さんを沢山みかけました。
Img_9899

シアトルの街で、とんでもないことが起きている気がします。Amazon社員が社員IDをぶら下げて、街を歩いていました。Amazonの社屋内に犬を遊ばせるスペースが用意され、犬同士、飼い主同士の会話が生まれていました。シアトル市街自体のAmazon化が進行していのではないでしょうか。

AmazonはSeattleのコミュニティの中に溶け込もうとしているようです。市街地から隔離された郊外に巨大なキャンパスと呼ばれる空間を確保し事業を展開するマイクロソフト/アップル/グーグルと、Amazonを比べてみて、Amazonは、これらIT企業とは事業戦略が明らかに異なる企業だとの印象を強く持ちました。ちょうど宿泊していたホテルで読んでいた新聞には、カリフォルア州は、新興IT企業に自社食堂を作らせず、街にでて、コミュニティと交流することを促す条例を作成している記事を記載していました。San Francisco Officials to Tech Workers: Buy Your Lunch - The New York Times
ネット企業の展開形態の新たな時代の節目のような気がします。

今の時代、ネット検索すると、たくさんの人が情報発信してくれているものなんですね。とはいえ、Amazon社自身もしくは、地元のメディアの情報発信が最も多いようです。
-The Amazon Spheres.
-Amazon Headquaters tours
-Go inside the Amazon Spheres. Here’s how.
-Watch: Time-lapse video shows Amazon’s Spheres being pieced together from start to finish
-Take a look inside Amazon’s Spheres as they get set to open

日本でも着目されていたんですね。気がつきませんでした。
-シアトルの”アマゾン化”を進めるAmazonの企業責任とは?変わる都市と企業の関係性に迫る
-アマゾン本社キャンパスの新名所 『The Spheres』の一般公開がスタート
-Amazon本社にある植物園型ワークスペース「Amazon Spheres」とは?
-奇妙なアマゾン新社屋、なぜこうなった?
-ベゾスの野望を体現する「アマゾン村」潜入、噂の“シャボン玉ビル”はAmazon Goの隣!

さらに、The sphereのおとなりは、Amazon Go。ここでも、ぶったまげるような体験をしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.06

What's happen on earth in Seattle#2

Img_8950
今回、Seattle Downtownを訪問する機会がありました。宿泊ホテルのあるBellevueから乗り合いUberで20分、Seattle Downtownに到着です。


Uber0801

Uber の車中で交換する情報は、何者にも替えがたいです。運転手さんは、まるで、田舎から東京に出てきた甥っ子を車で東京見物に連れだしたおじさんのようなThomasさん。
”ほら、左をみてごらん。あそこがビル・ゲーツの家。ビル・ゲーツは38台も車をもっているんだよ"
"このあたりのゴルフ場は高いんだよ"
”ワシントン湖には真水が流れ込む運河があるんだよ。そこで休日は鮭釣りを楽しむんだよ。けっこう大きいのが釣れるよ。”
”今、シアトルの街中は建設ラッシュだよ。みてごらん、四方八方クレーンだらけだだから。”
このときは、なにゆえ、これほどクレーンがあるのか、その理由がわかりませんでした。

Img_3403
ダウンタウンに着き、Thomasさんと別れ、とあるビルの21階にあがり、ビルを使っている人に、シアトルの街の様子を説明してもらい理由がわかりました。今日現在、アマゾン社はシアトルダウンタウンで48本のビルをまるまる利用中。それでも足りず、ビルを増築しているそうです。多くのクレーンは、そのためのものでした。

さらに、地上に降り、アマゾンGOに近づくにつれ、ガツンと頭を殴られるような光景が広がってきしました。

Img_1019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.05

What's happen on earth in Seattle#1

Img_24431

ANA NH178便 東京成田発、シアトルタコマ空港行きに搭乗。この便には、もう何回もお世話になっています。しかし、日常から離れ、旅につくと、体の奥にしまわれていた見えないアンテナが、ニョキニョキと外に出てきて、物事に対する感度が鋭くなっていくようです。
今回、主目的を終え、シアトル・ダウンタンを訪問したのですが、そこで、久しぶりに、頭をガツンと殴られたような刺激を受けました。
"シアトルダウンタウンで何かとんでもない事がおきています。"
これから数回、何が起きていると感じたのか、まとめていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.22

「翔ぶが如く」読了

Dsc_0226


今年のNHK大河ドラマは「西郷どん」。そのナレータ役の西田敏行さんが主演を演じていた、30年前のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」を思い出し、図書館で司馬遼太郎全集を借り「翔ぶが如く」原作を読み通しました。

大河ドラマ版とは内容がかなり違い,明治維新後から西南戦争が終わり大久保利通が暗殺される明治11年まで、維新の十傑を始め、どんな人たちが関わって、何が起きていたのか、よくわかりました。とんでもないことがおきていた11年だったんですね。この小説に出会わなければ、高校で歴史をとらなかった私の明治維新後に対する認識は昭和50年代の義務教育レベルでした。

ペリー来日で気がついた外国の存在。それに追いつこうと、幕府を倒したものの、その先をどうするか、ルソー「社会契約論」のような哲学というか、基本スキームを確立するために、周到な議論と、同意形成が必要なはずだったのに、そんな時間もかけず、江戸幕府を破壊してしまった明治維新。

外国に侵略されず、むしろそれに追いつくためには急激に表面だけでも強制的に変えていったにすぎない明治政府の太政官と、急激な価値観の変遷についてこれなかったず、廃藩置県、廃刀制によってみずからを完全否定されたと感じた士族。双方の価値観同士の戦いが西南戦争。本当に沢山の人が亡くなっています。

結果、太政官制度が勝利し、明治以降の日本の価値観、中央集権てきな軍制、太政官制度が確定。それが、日清戦争、日露戦争、太平洋戦争へと突き進んでいった。軍制が米国によって解体されたけど、太政官制は今も脈々と生き残っている。と、理解しました。

今年2018年は明治元年から150年。維新後の10年の時間の流れ方は、決してこのとき限りではなく、むしろ、不確実性が高まった今、また、繰り返されているようです。司馬遼太郎さんが生きていたら、どんな文章をあらわすのか?読んでみたくとも、それも無理になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.19

Dive ESP8266 to Deep Sleep Mode(6)

Free_dive_3shadow

前回の敗因のひとつ、RSTとIO16を誤接続したのは、回路図を残していなかったこと。きちんと成果物は残しておくこと。これ、作業の鉄則です。

Fritzing2

ここは、IoT界のパワーポイントであるドイツポツダム応用科学大が開発しているFritzingに登板いただきましょう。Fritzingを使って、回路イラストをお絵かきです。

必要な部品情報は、一般的なものについてはFrizeが標準部品ライブラリを提供してくれます。数年まではここで終わりでした。でも、最近は事情が変わり、Fritzingのエコシステムが拡充してきました。Fritzing部品データをネットにデジタルデータとして公開されているかたが増えてきました。
スイッチサイエンス社さんの開発ボードWROOM-02の部品データ(GitHubに公開)
秋月通商から販売されているAE-BME280の部品データ(Googleドライブ公開)
これらを、使わせていただきました。PowerPointテンプレート集が公開されているような感じです。これを使えば、ささっと、こんなJPEGファイルをお絵かきできます。

Esp8266bme280blynkdeepsleepmodewdir

でも、このアプリ、これでおわりません。プリント板のCADにもなっており、お絵かきとするとひとにおみせできるレベルの回路図ができあがります。※ただ、ちょとまだ人様にみせられる状況でないので、しばしおまちを。

いまはIoTの時代。その先の世界が待っているようです。デジタルがリアルに戻ってきます。ブレッドボードで実験し、検証できた回路図をプリント板に焼くイメージPCBの作成をネット発注できます。このPCBファイルデータを中国深圳のPCB作成サービス事業者に送信し制作を依頼すると、できあがったPCBが航空便でおくられてくる時代までもうちょっとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

Dive ESP8266 to Deep Sleep Mode(5)

Free_dive_3shadow


久しぶりに、Blynk Deep Sleep 環境を更新。Blynk開発コミュニティが、Blynk libraryの更新をアナウンスしていたのです。でも、あわわ、あわわの連続でした。

Arduino IDEのライブラリマネジャーにArduinoボードの更新が記載されていたので、これを更新したら、ESP8266のボード定義が見えなくなってしまい、まず、あわわ。Arduino IDE Preferencesの追加のボードマネジャーURLにESP8266のJSONファイル型ボード定義のURLを設定しクリア。

今度は、Arduino IDEで、なにも更新していないソースをbuildすると、
warning: espcomm_sync failed
error: espcomm_open failed
error: espcomm_upload_mem failed
error: espcomm_upload_mem failed
とエラーメッセージが出力され失敗し、あわわ。ArduinoIDEのボード定義を見直し、"Reset Method"を"nodemcu"に変更ことで自動的に書き込みできるようになり、通過。
※感謝:SPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)で "warning: espcomm_sync failed" と表示される場合の対処

ESP8266に書き込もうと、ブレッドボードに搭載されたESP8266にUSBケーブルを刺し、MacBookで書き込みを指示しても、ESP8266のRXDを示すLEDが点滅ぜず、あわわ。Deep SleepさせるためにRSTをpull upしていたことに気がつき、クリア。

ESP8266への書き込みが成功したものの、Deep Sleepしてしまうと、二度と目を覚まさないことになり、あわわ。Blynk Libraryの構造がかわってしまったのか?とも思いましたが、シリアルモニターでみてみると、Rest信号が上がってこない様子。IO16ではなく、IO5をpull upしていました。RSTとIO16をPull Upにしてここもクリア。

ずいぶん、もてあそばれた感がありました。更新手順をすっかり忘れていましたね。定期的に更新して、手に手順を覚えておくものなんですね。ながらく、いち利用者としてこの環境を静かに利用してきましたが、そろそろ、もう一度、この環境に手を入れ始めようとおもいます。

Img_0952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«腸内細菌/マイクロバイオームの世界