2016.08.28

失礼ですが、どちら様でしたか?

Dsc_2780shadow


今年の夏休み、田舎に帰省し、中学校の同窓会に出席してきました、30年ぶりの再会です。

最初から驚きの連続でした。受付に立っている同級生の名前が思い出せないのです。相手が名前を言ってくれて始めて判った次第でした。そう、顔と名前が再び同定されたような感覚。会がはじまってからも、知らない顔ばかり。多くの人も同じ様子です。地元で生活していて、よく、あっている人同士は、そんな感覚ではないようなのですが、東京に出てしまうと、なんともはや、こういう場面では、情けない限りです。

30年あまり世の中の荒波にもまれ、可愛い中学生達が、顔立ちを、これほどまでに、変えてしまうのかと、驚きました。みんな、一人一人、いろんな出来事に直面しても、戦い、なんとか、生き延びてきたのですね。この年になると、そうともいかず、先に逝ってしまった同級生も数名出始めていました。予想はしていたものの、名前で教えられると悲しいものでした。

顔と名前が一致しないまま、なんとか会話をし続けていると、声で誰なのかわかることもありますね。でも、判らない人は、最悪な問い合わせをするしかありません、”失礼ですが、どちら様でした?”

まったく、失礼な人です。でも、今の時代、便利なものがありそうです。クラウドAIによる顔同定の技術が進んでします。今年4月にマイクロソフトRedmondを訪問したときに紹介していただいたAzure Face APIを使って、同級生の顔と名前の同定を実施してみようかと思います。

まず、その手始め。
FaceBookで使っている自分のプロフィール画像をつかってなにを同定できるのか、確かめてみました。使ったサイトはMicrosoft Cognitive ServicesのFace APIのdemo.

Face APIを使う場合、プライバシー情報の取り扱いが心配です。しっかりと、その顔データをマイクロソフトがどう使うのか確認しておかないと、Google検索で私の顔が出てしまうことにもなりかねないです。それだけならいいけれど、私のプライバシー情報ですから、悪用されかねません。悪用され社会的な信用がなくなってしまったら最悪です。

さて、もっと、ナイーブにFace API実行の結果。
男性、36歳と出力されました。
ずいぶん、若作り。

Next Stepです。
30年あまりの時を超えて、人の顔って、同定できるのでしょうか?
その挑戦結果、また、報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.07

吉岡時計店

Ad3dc60c3d990568e5a9d95259440c80res


腕時計の電池交換をしてもらうため、近所の時計屋さんに行ってきました。この店、電池交換できななかった事はありません。今時は、電池交換すらメーカーにセンドバックしているのが普通ですが、この店では、手を動かして、目の前で交換してくれます。

間口1間の小さなお店。
店の中は古い柱時計で一杯です。みんな動いていないので、店の中はとても静か。この店にはいると、時が止まっているようです。

静かな店の中、2匹のネコが店番をしています。トラ猫と三毛猫の二匹。
トラ猫のほうは、丸いすにのり、気持ちよさそうにねています。フーッと一喝されました。眠いんだから、邪魔済んじゃない、とでも言いたげ。三毛猫のほうは、店のショーケースの上に、キチンと前足を揃えて座っています。いらっしゃいとでもいいたげに、ニャーと鳴きました。

おみせの人は、時計を受け取ると、作業場所に移ります。作業場所は、折りたたみイスと40センチx40センチかけくらいの作業スペース。そこに陣どり作業開始。なにやら不思議な道具が作業スペースがでていて、時計の蓋が空き、オジサンが天眼鏡でのぞきこみ、時計の状況を確認します。

電池交換ですみそうなのが確認できたのか、おじさん、すっと立ち、電池をストックしているパーツボックスから、電池を取り出します。たくさんの種類の電池をストック。そのなかから、迷うことなく、目的の電池を取り出し、腕時計にいれると、時計が動き出しました。

二匹のネコはいつの間にか、起き上がり、店の棚の上のスペースに移動し、二匹よりそって、丸くなっていました。

今の時代、スピードや効率化という名の下で分業が進み、販売店は、売ること以外なにもしない、出来なくなった気がします。本来、お店とは売ったモノを生涯面倒みてくれる場所だったはず。安物を短期に大量に消費するだけ?

どうも、そういう行動様式はとれません。貧乏性なのか、モノに対する固執が強いのか。モノを大切に使う気持ちを持っていること自体が時代錯誤なのでしょうか?

このお店、市の道路拡張計画にあたっているようです。いずれ、立ち退きです。できるだけ長い間、商売を続けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.18

セミ・グローバリゼーション

Dsc_2776shadow

コークの味は国ごとに違うべきか
Redefining Gloval Strategy

ハーバードビジネススクールのゲマワット教授の本を読了。
セミ・グローバリゼーションという概念を紹介してもらいました。

Theodore Levitt Thomas Friedmanが" The World Is Flat"の中で、世界はフラット化していると主張している.
確かに、通信と物流の世界はグローバリズムが進展した。でなければ、インターネットを通して世界の反対側で起きていることがこれほどリアルにわからなかっただろうし、ハンガリーから商品が発送されてくることもなかっただろう。

しかし、いたるところでテロが起こり、英国がEUから離脱し、米国でトランプ氏のような人物が人気を取り、日本といえども自民党政権が力を持ちつづている状況を見るにつけ、彼の言い分の方が現実を正しく認識している気がします。
彼からは、CAGE,Adding Score Card,AAAという三つのフレームワークを紹介してもらいました。
今後、活用させてもらいます。

◆CAGE(隔たりを見極める尺度)
-Cultural(文化的)
-Administorative/polotical(制度的)
-Geographical(地理的)
-Economic(経済的)

◆ADDING VALUE SCORE CARD
1.価格の構成要素
 Adding Value/販売数量の向上
 Decreasing Cost/コストの削減
 Differentiating/差別化
 Impoveing Industory Attractives/業界の魅力の向上
 Normalizing Risk/リスクの平準化
 Generating Knowledge/知識の創造と応用
2.企業の成果、試み、意図
3.影響、コメント

◆AAA
-Adoption/適応
-Aggregation/集約
-Arbitage/裁定


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.10

なぜ選ぶたびに後悔するのか?

Img_20160408_064836shadow_2


巷には、モノもサービスもあふれ、いいことのようにいうけれど、
実体は、選択にとんでもない時間をかけ、挙げ句の果てが、
まちがった選択をしてしまい、後悔してしまうことがありませんか?
そんな事を思い、近所の図書館で、関係する本を捜しているウチに
面白い本にあたり、日曜の午後はこれに捕まりました。

書名:なぜ選ぶたびに後悔するのか オプション過剰時代の賢い選択術
著者:バリー シュワルツ
出版社: 武田ランダムハウスジャパン


街のスーパーに行けば、歯ブラシ一つ選ぶのでも結構迷います。
いろんな歯ブラシがあって、その選択に時間がかかるのです。
選択子がたくさんあること、主体的に選べることは、
社会が経済的に豊かなこと、個人に自由があることを
象徴していることとおもうので、それ自体は、否定できず、
むしろ、良い国に住んでいるなと感じる反面、
この選択にかける時間の長さ、そして、
もし、選択に失敗したときの後悔の念の深さ、
なにも根本的には人間の業を解決できていないのかも
しれません。などと

本文の中では、Maxmizer,Satisfizerと分類していました。
Maxmizerは最高でなければ我慢できないひと、
Satisfizerはそこそこで満足できるひと
のようですが、会社の仕事をしていて、
ROI,Return of Investmentにうるさい会社に勤めている人は、
Satisfizerは許されない気がします。

間違った失敗が後悔の念になり、それがうつの原因になるとか。

学ぶことが多い本でした。

TEDのサイトに著者自身によるプレゼンテーションも見つけました。
ご参考になれば幸いです。
◆選択のパラドックスについて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.26

ムラサキクンシランくん

Img_20160619_144836shadow

ムラサキクンシランと呼ばれるこの花、本当の名前はアガパンサスというらしいです。この梅雨の時期に咲いてくれます。毎年同じ株から咲いてくれるので、咲く場所を覚えていると定点観測ができて面白いです。
毎年は、朝歩く駅までの道がらにさいている整骨院さんの家の前のムラサキクンシランを撮影しているのですが、今年はできませんでした。あっ、咲いているなと気がついたとき、ちょうど、その家の家人のかたが家の前をお掃除されていたのです。ちょっと、携帯とはいえ、写真をとるタイミングをのがしてしまいました。こちらの写真は近所の別の場所で撮影したものです。

今年の梅雨は、空梅雨傾向のようで、都内は取水制限も始まっているとか。みのまわりの花々にも厳しい季節になっているようです。

201606261shadow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.29

シアトル出張(最終回)

Pikeplaceshadow
Pike Placeは、長い歴史を持つそうです。全米でも一番目、二番目に古い市場だとか。昔、ここを再開発しようとシアトル市が計画したそうですが、反対運動が起き、この、昔ながらの姿を保存するようになったそうです。
ここ、魚だけでなく、いろんな食材の市場でした。

Fishcollageshadow
まずは、魚市場。太平洋に面した市場ですから、お魚が豊富でした。
日本で見覚えのある魚、ない魚いろいろ。日本でかうよりも絶対安いと思いました。カニはお腹を見せて並んでいるのは圧巻でした。

Vegicollageshadow
つぎは、野菜市場。ちょうど、イチゴの季節で、地元産のイチゴがたくさんならんでしました。八百屋さんのおにーさんの活気があるのも万国共通でした。舞茸もうっていましたよ。

Flowercollageshadow
花卉市場もありました。この季節は、チューリップがたくさんでていました。どちらが産地なんですかね?
日本で見たことがない品種もちやほや。そう、八重のようなサクラも咲いていました。


Img_20160409_081930shadow
市場をいろいろ見てあるいているウチに、ノドが乾いてきました。市場の中、一段階段で降りて、港の見えるパブのようなレストランに入りました。ここで、クラムチャウダーをいただきました一杯$4.95(約550円)クラムからでているスープの味をポテトがしっかり吸収していてくれていて、とても美味しゅうございました。


今回、始めて、アメリカ本土で普通に生活している人の土地を歩いてみて、アメリカという国の豊かさに驚きました。土地も海も豊かなのでしょう。それゆえ、おおらかな性格の人が多いような気がしました。たぶん、ワシントン州の人だけかもしれませんが、ここ、いつかは住んでみたい街と思い始めました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.28

シアトル出張(その8)

Img_20160409_074348shadow
翌日、すべての予定を終了し、あとは帰国するのみ。登場する便がお昼の出発なので、少し、外をまわる時間がありそうです。
シアトル・ダウンタウンに向かいました。シアトル・ダウンタウンは海辺の街なので、水平線にそって真っ平らな地面に高層ビルが展開しているのだろうと、勝手に想像していました。が、裏切られました。高低差の大きい街。東京でいえば、品川高輪台といった感じ。しかも、意外と小さい、アメリカの田舎町といった趣。ま、正直にいうと、あかぬけていないというか。

Img_20160409_074511shadow
海までかなり坂を下りました。


Img_20160409_074542shadow
はい、シアトル・ダウンタウンの一大観光名所、PIKE PLACEに到着。


Img_20160409_091253shadow
ただ、駐車場が見つかりません。結局、こんな、急な坂の所に止めました。20度くらいはあるでしょうか。車が勝手に動かないように、車の正面を坂の上をむけて止めととの指示でした。

Img_20160409_074743shadow
ここ、パイクプレイスは、いまは、スターバックスコーヒー発祥の地としても有名です。はい、もう観光者とかして、行って参りました。
小さな小さな店。

港町で漁師が暖をとるために入る店のような感じ。東京のスターバックスの店舗規模でも最も小さい広さ。小さなカウンタとおみやげようのパイクプレイス特製の品々。カウンタで黒人の店員のお姉さんに普通のブレンドコーヒー、Shortサイズを注文。そう、スターバックス日本のカードは使えませんでした。でも、はい、味はいつものスタバのコーヒーの味。落ち着きます。

Img_20160428_063419shadow
ついでに、ここでしか売っていない、でも、中身はPIKE PLACEローストでしょう豆を購入。

Img_20160409_074913shadow
スターバックスコーヒーのマグカップのコレクターもいるそうです。ここのカップも有名なんでしょうね。

Starbuckslogoshadow
ここの、スターバックスコーヒーのロゴが他所とは違います。なんとなく、聞いたことがありました。本当でした。なんでも、ロゴの中の女性、胸を露出しているので卑猥な表現として見えるのがよくないと米国的なご指摘。

さて、もう一つの観光名所、Pike Place Marketに行ってみました。
仔細は、次のBlogまでお待ちくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.23

シアトル出張(その7)

Img_20160408_175449shadow
二日目夜は、SAFECO FIELDを訪問する機会をいただきました。高速のランプから球場前までは車が渋滞していました。シアトルのダウンタウンから歩いてくる人も。球場前は、いろんな音がして、騒がしいです。いいですね、球場前で歌を歌っている人や、食べ物を売っている風景は洋の東西をといません。球場の反対側の駐車場に車を止め、駐車場から球場に渡り廊下のような通路をとおり、球場入り。

Img_20160408_184229shadow
この日は、幸運な事にシーズン開幕戦のSeattle Marinars対Oakland Athretics戦。到着したときは、両チームの選手を紹介している時でした。一人ずつ、バックネットに紹介されたあとに、バックネット裏から選手がホームにむかって、走ってきます。赤いジュータンの横には球場の年間パスコート購入者をご招待とか。Safeaco fieldに縁のある人たちを時間をかけて紹介していました。次は、球場の全員が起立、フィールドに一人たつ米国海軍士官女性キャプテンの声に合わせて全員斉唱。

Img_20160408_191013shadow
野球鑑賞といったら、ビール。おつまみは塩ピーナッツ。ピーナッツの殻自体にとっても濃い塩味がついてました。これが、また、ビールにあう!

Img_20160408_200935shadow
暗くなると共に、球場は満員に。そして、選手と観客が一体化。観客のウエーブが球場を2巡、3巡としていきます。ファールボールもガンガン飛んできます。すぐ目の前まできました。大リーグの選手って、けっこう機敏にうごくものですね。中日に在籍していたLee選手がガツーンとホームラン。バットの音が気持ちよかったです。

Img_20160408_212327shadow
結果は、3対2でMarinorsがLost。
残念でした。がんばれ、マリナーズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.22

シアトル出張(その6)

Img_20160407_180841shadow
日中のお打ち合わせが終わり、さあ、ごはん。この日は、ワシントン湖の湖畔のすてきなレストラン、Bin on the lakeに行きました。お店の中は、なかなか良い雰囲気。日が落ちていないのに、平日なのに、既に食事を楽しんでいる家族連れがいらっしゃいました。ここだけみていると、アメリカってゆとりがあるんだなあとおもいました。そう、車ではなく、船でお店にいらっしゃる方もお見かけしました。

20160522shadow
前菜は
・殻付き生牡蠣 $18 1/2/$34 Full
・神戸牛のコロッケ $15
ここの生牡蠣はちいさければ小さいほど高級なんだそうです。確かに身が新鮮でした。東京ではこの牡蠣の味をいただいたことないですね。二品目のコロッケ、たこ焼きのようにコロコロ丸くトリュフというかたこ焼きというか。ほくほく、美味しゅうございました。でも、ここに来てまで、日本の牛肉を食べるようになるとは思いませんでした。

飲み物は、
NAPA valleyのFar Niente 、シャルドネ
Columbia ValleyのBAER Winaryの2012 Ursa( 40% Merlot, 40% 他)
二本目は、ローカルワインでした。ここワシントン州は日本では有名でないですけどワイン生産も盛んでした。

メインは、
・サーモンをたのむ人、牛肉をたのしむ人に分かれ、ご歓談させていただきました。


201605222shadow
そうこうしている間に、日が暮れて、そとは真っ暗。


Img_20160407_212515shadow
森と湖の国、ワシントン州の中の海の幸が豊富なお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.21

シアトル出張(その5)

マイクロソフトさんのキャンパス内には、いろんな建物があります。

Img_20160408_085938shadow
この写真は、サイバークライムセンターを訪問させていただいた時のモノ。世界中のBotnetを監視しているそうです。世界地図の上、攻撃されているIPアドレスを表示するデモを拝見。24x365でセキュリティ監視している人たちは、ガラス張りの部屋の奥に、動物園のサルのように見世物になっていました。説明された方、ハワイ出身の日経3世だそうです。ご先祖様は広島の出身でしたとお話くださいました。アジア系の人と聞くだけで、親しみと、話しやすさを感じるモノです。

Img_20160408_162106shadow
建物は大概、低層。2階建てとか3階建てです。この低層の建物の下に、地下4階分の駐車場があるとです。従業員の皆さんは、自動車通勤が主。ですが、最近は、自転車通勤の人も、歩いてきている人もいるそうです。エコロジーにめざめたか?アメリカ人も。エコであることがクールというブランドができたからか?そうそう、キャンパス内を走っている人もいました。一緒にランニングするサークルもあるとか。ランニングコースの標識もありました。

Img_20160408_162232shadow
本当にキャンパス、サッカーもできる広さのグランドがありました。緑がキレイでした。

Img_20160408_162248shadow
グランドの広さを踏まえると、建物の大きさはこの程度。

百聞は一見に如かず。
ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«シアトル出張(その4)